イロモノ揃いの網走ビールのうちでもごくごく普通のアバシリ・ホワイト・エール

このブリュワリーによくある赤だったり青だったりの色もなく、ごく普通のビールの色です。
香りが面白いので好きな人は好きかもしれません。

 

ブリュワリー

東京農業大学生物産業学部の開設段階にて地ビール開発研究を協議し小麦ビールの研究を委託したことが始まりの一歩です。
その後平成6年大蔵省がビールの製造基準を引き下げた事により東京農大が日本初のビール試験製造免許を取得した事を受け地ビール研究会が企業化の方向性を示し、平成10年網走ビール(株)を設立、平成11年網走ビール館を開業致しました。

現在は、平成19年7月にレストランを「YAKINIKU網走ビール館」としてリニューアルし、地ビールと網走和牛を楽しめるお店として営業しています。

開業以降、帆立・牛乳その他様々な副原料を用いた発泡酒を開発して参りました。そのノウハウを活かして冬の網走を代表する流氷を仕込み水に使用した「オホーツクブルー」色の発泡酒「流氷DRAFT」を平成20年2月に発売しヒット商品となりました。
以降、世界遺産知床の新緑の季節をイメージした「知床DRAFT」、網走産の麦芽を100%使用した「ABASHIRIプレミアムビール」、網走監獄をイメージしたスタウト「監極の黒」、網走産さくらんぼを使用した「桜桃の雫」を発表。
平成28年3月には網走産秋播小麦「きたほなみ」を使用した「ABASHIRI White Ale」を発表致しました。

このビールは

純白色に優れ品質の良さで知られる網走産秋播小麦「きたほなみ」を原料に使用。
小麦由来のまろやかな飲み口と、オレンジピール・コリアンダーシードによる柑橘系の香りが特徴的です。
無濾過製法のため、ビール酵母に含まれているビタミンBが豊富で美容や健康にもよいとされるスタイルのため、ビールの苦手な女性にも人気が高いジャンルです。
伝統的なベルギーの製法によって製造されたこだわりの逸品をお楽しみください。

BREW SHEET

国:日本 北海道
アルコール:4.5%
初期比重:
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:
ホップ:
タイプ:ホワイト・エール
価格:320円
インポーター:

テイスティング

少し暗めの色合い。
外国のクッキーの様な香草チックな甘い香り。
副原料のコリアンダーとオレンジピールの比率が面白いのか、特別なものなのか。
味わいは割とすっきりで余韻も短い。