ビール バクストン・ブリュワリー×ラーヴィグ/トロルトゥンガ グーズベリー・サワーIPA (2019年3月26日~)

最終更新日

下北沢のタップアンドグロウラーで隣に座ったインポーターのお兄様におすそ分けいただいたトロルトゥンガ

日本ではこれから入荷していくビールでしょうか。
ランビック系は基本あまり飲まないのでちょっと新鮮でした。
色々なビールが日本に入ってくるのは嬉しい。

ビアデータ

ビール名:TROLLTUNGA GOOSEBERRY SOUR IPA
生産地:イギリス × ノルウェー
生産者:BUXTON BREWERY × LERVIG
アルコール:6.3%
IBU(苦さ 平均15~20):3.83
モルト:Barley, Oats, Wheat
ホップ:
タイプ: サワーエール/ランビック
価格:950円
インポーター:

ブリュワリー

バクストン・ブリュワリーの初めての息吹が2009年1月1日、寒い寒い日にマッシュインされました。
醸造所は家族向けのガレージで、バッチサイズは40Lでした。

結果として得られたペール・エールは、ジェフが念頭に置いていたものとはかけ離れたものでしたが、それでも発酵とボトル・コンディショニングが醸造過程を終えるのを辛抱強く待った後、美味しく消費されました。
その後数ヶ月の間に、レシピは微調整され、変更され、捨てられ、そしてオンラインや数え切れないほどの本で情報を探し出し、はるかに経験豊富な醸造家の情報を拾い上げました。

12ヵ月以内に積極的なフィードバックと熱意をもって、次のレベルに引き上げて醸造し「商業的」に醸造するという決定がなされ、しばらくの間バクストンは別の地元の醸造所で「間借り醸造」しました。
2010年1月、ジェフがフルタイムで「目標に突き進んで」いる状態で、中古の800Lプラントの製造が本格的に始まりました。

9年という早さと11人の強さで着実に成長してきたチームは現在、バクストンのスタデンレーンにある7000平方フィートのモダンな建物を拠点としています。
そのカスタムデザインと英国式建造の醸造所は、1醸造あたり約3500Lで1週間に3回生産します。

醸造所は30以上の異なったビールを作り上げ、全ての種類と特別醸造の両方においてバックカタログを持っています。
革新と超高品質が最大の目標で、伝統への迎合と細部へのほぼ狂信的なマネージメントが必要です。

ビール醸造所が生産するすべてのビールは五感を楽しませ、酒飲みを魅了するように設計されています。
すべてのビールが平等に作られているわけではありません。
あるものは大きくて強く、強力なホップや麦芽でいっぱい、他のものはより軽く、そして微妙な味と香りのニュアンスを持っています。
すべては、熱心に手作りされた製品として楽しまれることを意図しています。
そしてそれらは熱心なビール愛好家の小さいチームによって育てられています。

このビールは

トロルトゥンガ(トロルの舌)はノルウェーの急斜面の岩で、ノルウェーホルダラン県オッダの町の北東にあるダム湖の上、700メートル上にあります。


気を付けながら岩の先端へ足を踏み出します。
このビールは友情と大自然の景観への愛を祝うために醸造されました。
ラーヴィグ・アクティブリッゲリとのコラボレーション。

 

テイスティング

美しい黄金色。
酸が強いグレープフルーツの香り。
やや甘酸っぱいような味わい。
思ったよりも飲みやすい。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!