ベアードビールの限定ビール。

春の新卒新入社員の方々が最初に悩む「無礼講」。
まあ普通に考えてそんなのは嘘です。
無礼講なんて日本社会ではありえませんが、そんな若者をベロベロにすべく高アルコールのビールが限定品で発売しています。

ブリュワリー

彼らの夢は、1997年に動き始めた。
この年、ブライアンとさゆりベアードは東京での仕事を辞め、ビール醸造を学ぶためアメリカのクラフトビール・ルネッサンスの中心地であるアメリカ北西部へ向かった。
2000年友人や家族の協力を得てベアード・ブルーイング・カンパニーを設立。

ベアード・タップルーム沼津フィッシュマーケット、OPEN
スタッフだけでお客さんのいない店。
タップルームをオープンしてから半年、店は静まりかえり、地元の人にも知られていなかった。
生き残るためには、もっと資金が必要だとわかる。

ベアード・ブルーイング・カンパニーは、醸造免許を取得し、2001年1月、ベアード・タップルーム沼津フィッシュマーケットでベアードビールの販売を開始する。
他のブルワリーのビールと異なり、ベアードビールは無ろ過で2回発酵させている。そのうちの1回は充填後。
自然発泡のビールだから、キンキンに冷やさず一番おいしく味わえる温度で提供している。

“渇いている東京市場”でベアードビールの販売を拡大するために、2003年、醸造所の拡張に取りかかる。
ベアードビール・ブランドのアートワークの夜明けである。
開発したのは、グラフィック・デザイン・アーティスト西田栄子さん。
今も、全てのアートワークがエイコさんの手で情熱的に制作されている。

新しい設備で醸造を開始したのは2006年1月1日。
その日は偶然にも、ベアード・タップルーム沼津フィッシュマーケットでベアードビールがデビューしてから5年目の記念日だった。
振り返ると困難なことの多かった5年だったが、一歩ずつ着実に進歩し続けてきた。
幸運にも、駿河ビール所有だった中古の1000L醸造設備を手に入れることができた。

ベアードビールの最初のコンテナが2008年アメリカへ旅立ち、輸出という冒険旅行が始まる。
その後、輸出先のパートナーと提携し、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、香港などニッチなビール市場を開拓。
輸出先は、年々増え続けている。
5月、ベアード・タップルーム中目黒、OPEN
醸造量も余裕がもてるようになり、またタップルームを経営するノウハウも積み上げてきたので、東京地区でのタップルーム・ビジネスを拡大することを決定する。

2009年8月8月、ベアード・タップルーム原宿、OPEN
日本の居酒屋文化の代表・やきとりとベアードビールが楽しめる店。
和と洋を組み合わせたユニークなコンセプトが人気だ。
横浜馬車道にベアード・タップルーム、OPEN
関東で初めての、本格的アメリカン・スタイルのBBQが楽しめる店として2011年1月、オープン。
大きく赤くペイントされたJ&R製Smoke-Master Ovenがはるばるテキサス州メスキートから届いた。

2013年修善寺の新しい醸造所。
3年もの月日をかけて、沼津とその周辺を探し続け彼らの未来にふさわしい場所をついに見つけることができた。

このビールは

この爽快で飲みやすく且つ力強いビールのインスピレーションは、名高く伝統あるベルギービール、Duvel。
そのカギとなる個性は、ライトボディ、高アルコール、そしていきいきとした躍動感。
優しいタッチのスパイシーでフローラルなホップフレーバーが、その強さをうまく隠している。

この設定は、桜の木の下で行われるお花見パーティ。
春の訪れを祝いお酒が振る舞われるこの席は、無礼講時間を楽しむ絶好の機会だ。
宴もたけなわになると、皆いい感じにほろ酔いになってくる。
手前にはビールが入ったグラスがあり、その中に桜の花びらが舞っている。
ほろ酔いになってくると、Strong Golden Aleという文字が歪んで見えてくるだろう。
乾杯!

無礼講時間とは、日本独特の文化で、現代では忘年会・新年会を始めとする飲み会の席において、「地位や身分に関係なく酒を楽しもう」というものである。
この席に限っては、部下も建前だけでなく、本音を言っても、後におとがめなし、という時間だ。
さぁ、先輩や上司を誘って、この無礼講時間を飲もう。
そして、上下関係を忘れて、親睦を深めよう!

多くのベルギービールのカギとなる個性は、重さを感じさせない力強さだ。
このライトボディと高アルコールを導くために良くやる方法は、煮沸時に糖類を大量に加えることだ。
糖類が酵母によって完全に発酵されることにより、ボディに重さを残さず、アルコール度数を上げることができるのだ。
こうして出来上がったビールは、力強いが爽快でドライ。
無礼講時間ストロングゴールデンエールを造る時に、煮沸佂の中に、原料の20%に当たる国産の氷砂糖を投入した。
それから、充填時に更に氷砂糖を追加し、クロイズンという製法を使い、自然な発泡性を生む2次発酵を促進させた。
無礼講時間ストロングゴールデンエールのインスピレーションは、ベルギーの伝統的なエールであるDuvel。
これは、僕が今まで飲んだビールの中で、一番危険で、最高にうまいビールだ!

BREW SHEET

国:日本
アルコール:9.0%
初期比重:18.0
IBU(苦さ 平均15~20):30
モルト:フロアモルテッドピルスナー
ホップ:生ホップ ( ペレット、抽出物は不使用 )- 各種
タイプ:ゴールデンエール
価格:500円

テイスティング

アルコールの甘い香り。
香水のようなエレガントさはある。
口に含むとアルコールのパワーがガツンと来る。
苦みは少々だが、やはりアルコールの強さが前面に出る。
酔いたい人が飲むビール。