沖縄のクラフトビールといえば南都酒造所


南斗…じゃなかった南都の男たちが作った熱いビールたちです。
亜熱帯の沖縄らしいというか…ちょっとウェットなホップ感が南国感を醸し出しているビールです。

 

 

ブリュワリー

サンゴでできた玉泉洞の地下水「コーラルウォーター」使用
南都酒造所のある「おきなわワールド」は、名水100選にも選ばれた「垣花樋川」がある南城市に位置し、敷地内にはサンゴ礁から生まれた鍾乳洞「玉泉洞」があります。
30万年の年月が創り上げた鍾乳洞の地下100mから汲み上げた水は、カルシウムとミネラルが豊富な水として知られています。
ビールの9割を占める大切な素材「水」にこだわり、コーラルウォーター100% を使用したビールとして誕生したのが「OKINAWA SANGO BEER」です。

ホップを贅沢に使用した風味豊かな高品質のビール
「OKINAWA SANGO BEER」は、「ニヘデビール」の味と品質をベースにホップを増量。職人が何度も試作を重ね、風味豊かなビールに仕上げました。
麦芽100%と生きた酵母の旨味に加え、ホップを贅沢に使用した高品質のビールをお届けします。


世界が認めたビールを沖縄から世界へ!
前身となる「ニヘデビール」は、インターナショナルビアカップ7年連続受賞をはじめ、ワールド・ビア・カップなど、数々の受賞歴を持つ世界が認めたビールです。
今後は、これまで培ってきた技術と経験を活かし、グローバルな市場を視野に入れた生産体制と販売網の確立を進めていきます。

これまでの受賞歴
[ アメリカ・ブルワリー協会主催 第6回ワールド・ビア・カップ2006 ]
・2006年ニヘデビールソフト銀賞初受賞

[ インターナショナルビアカップ13回入賞 ]
・2009年度ニヘデビールハード金賞
・2016年OKINAWA SANGO BEER ブラックエール
フリースタイルダーク部門銀賞受賞
・2016年OKINAWA SANGO BEER アルト
アルトビール部門銅賞受賞

[ ジャパンアジアビアカップ ]
・2007年ニヘデビールハード樽部門銅賞初受賞

このビールは

IPAは、大交易時代イギリスから遠いインドまでビールを輸出する際に冷蔵設備 がない船旅でビールの品質を落とさないようにする為、防腐効果のある「ホップ」を大量に使用されたのが始まりです。
IPA に使用される大量のホップはハーブの一種で種類によって独特の香りを持ち、ホップの香りを抑えた「イングリッシュ IPA」とホップの香りを強調した「アメリカ ン IPA」に分かれます。


本商品は、IPA 市場で一番人気がある「アメリカン IPA」スタイルをベースに柑橘系の香りのするホップを大量に使用し、爽やかな香りを強調しながらも、切れの良い苦味を楽しめる 沖縄の気候にあった IPA を目指して開発しました。
柑橘系の豊かな香りとホップの苦味が程よくマッチング、肉料理・油料理によく合います。

ろ過処理を一切しないためにビール酵母が生きている状態で充填されていて新鮮さと絶妙な味のバランスを保つために要冷蔵タイプのビール。
ミネラル豊富で芳醇爽快なビール本来の味が楽しめます。

テイスティング

香りは弱いが苦味しっかり。
イングリッシュIPA寄り。
ウェットなホップ感。
苦味の余韻も長め。
苦味が際立つ。
ミネラル感あり。