アンカー・ブリューイングサンフランシスコにある衣料品店のサンフランサイコのコラボビール


サイコ…凄い名前の割には桃の香りがするちょっとかわいい感じのIPAです。
現在は売り切れですが、もしかしたら今年も出るかもしれません。

ブリュワリー

1849年アンカービール醸造の豊かな歴史は、ドイツのビール醸造者ゴットリープ・ブレケルが彼の家族と一緒にサンフランシスコに到着した、カリフォルニアのゴールド・ラッシュまでさかのぼることができます。

1871年ゴットリープ・ブレケルは、ロシアン・ヒル近くのパシフィック・ストリートにある古いビールとビリヤードのサロンを3,500ドルで購入し、それを25年後にアンカーという名前のアメリカのビール醸造所に変えました。

1896年ドイツのビール醸造家アーネスト・バルスと彼の義理の息子、オットー・シンケルJrは、サンフランシスコのパシフィックで古いビール醸造所を購入し(市内各地6か所のアンカーのうちの最初の場所)、それをアンカーと名付けました。
バルスとシンケルがアンカーという名前を選んだ理由は誰にもわかりません。
おそらく、急成長しているサンフランシスコの港への間接的ではあるが強力なイメージがあったのではないかと思われます。

1906年不幸な事に、共同所有者のアーネスト・バルスは2月に突然亡くなりました。
2ヵ月後、サンフランシスコの大地震後の壊滅的な火事はアンカービール醸造所を消失させました。
1907年1月アンカー・ブリュワリーがマーケット・ストリート南の新しい場所にオープンしたちょうどその時に、オットー・シンケルJrが路面電車の事故に遭いました。
幸いなことに、ドイツの醸造者ジョセフ・クラウスとオーギュスト・メイヤーは、酒屋のオーナーであるヘンリー・ティーティエンと一緒にアンカーを続けることができました。

1920年禁酒法はアンカーを事実上閉鎖させました。
禁酒法時代にゲリラ的な「活動」があったかもしれませんが、アンカー・ブルワリーがこの間にサンフランシスコや他の国々でアンカーの帰還を待つ以外に何もできませんでした。


1933年4月に禁酒法が終了した後、所有者のジョー・クラウスは再びアンカー・ビールを醸造し始めました。
運よく彼の新しい醸造所は次の2月に再開できました。
彼は、古いレンガ造りの建物で、新しいパートナージョー・アレンと歴史的なビール醸造所がある場所からわずか数ブロックのところで、アンカーを再オープンしました。

1952年にクラウスが亡くなるまで、クラウスとアレンは勇敢にも愛情をこめてアンカーの経営を続けました。
1959年の終わりまでには、アメリカ、さらにはサンフランシスコでさえ、大量生産され市場で売り出されている軽めのビールにより、アンカーの売り上げが既に減少していることにより、7月に71歳のアレンは短い期間アンカーを閉鎖しました。

1960年にローレンス・スティーズがアンカーをもう1つ近くの場所で購入して再開し、アンカーのクラフト製造の伝統を引き継ぐためにアレンを招聘しました。
しかし、アンカーの最も古い場所の1つ、クリスタル・パレス・マーケットはすでにその扉を閉じていました。
そしてスティーズはベイ・エリアの施設がアンカーを提供し続けることを納得させるのに困難な時間を過ごしました。
1965年までにスティーズは6年前のアレンのように、アンカーを閉鎖する準備をしなくてはなりませんでした。

1965年オールド・スパゲティ・ファクトリーでスパイスティとアンカー・ビールで有名なノース・ブランチ・レストランでは、フリッツ・メイタグという名前の若いスタンフォード大学の卒業生が、間もなくアンカーが閉鎖されることになったことを知った。
原始的な設備と財政状態にもかかわらず、フリッツは歴史的な小さなサンフランシスコのクラフト・ビールのアンカーを破産から救うために株式51%を数千ドルで買おうと急ぎました。

1971年ゴットリープ・ブレケルがアンカーとなった歴史的なアメリカのビール醸造所を設立してから100年後、フリッツはアンカー・ビールの瓶詰めを始めました。
1975年までに、アンカーは他の4つの独特のビール、アンカー・ポーター、リバティ・エール、オールド・フォグホーン・バーレイ・ワイン・エール、そして最初の毎年恒例のクリスマスエールを生産していました。
「マイクロ・ブリューイング」と「クラフト・ブリューイング」という用語はまだ作られていませんでしたが、アンカーがサンフランシスコでブリューイング革命を導いていたことは明らかでした。

1977年までに、アンカーは5つの製品、従業員12人が所属し、8番街にあった最近のビール醸造所をほぼ凌駕していました。
長い探索の結果、オーナーのフィリッツは1937年に建てられた素晴らしい古いコーヒー焙煎所をポトレロ・ヒルで購入しました。
1979年8月13日に、アンカーはその新しいマリポーサ・ストリートで最初のビールを醸造しました。

1984年アンカーは新しいホームで5周年を迎えました。
禁酒法以来、アメリカで最初の小麦ビールで、現在はアンカー・サマー・ビールとして知られています。

1989年アンカーの先駆的な精神と古典的な醸造への敬意が、スメリアン・ビア・プロジェクト(メソポタミア文明を元にしたビール)と4,000年以上前のレシピに従って作られたビール「ニンカシ」につながりました。
その同じ年の後半、ビール醸造所はロマ・プリエタ地震によって被害を受けましたが、その被害からアンカーの「アースクエイク・ビール」が生まれました。

1993年アンカーは独自の自社製蒸留所を持つ世界初の醸造所となりました。

2010年フリッツ・メイタグは何千もの一流のクラフトビールを生み出し、アンカー・ブリューイングをキース・グレゴールとトニー・フォリオに売却したことを発表しました。
アンカーの新しいオーナーは、象徴的なブランドの事業を維持し拡大し、職人の醸造と職人の蒸留のリーダーとしての地位を固める計画を​​立てています。

2012年今日でも、アンカー・ブリューイングはアメリカで最も伝統的なビール醸造所のひとつであり、クラフト・ブリューイング運動の先駆者です。
その最高のビール、特にアンカー・スチーム・ビールは世界中で知られていますが、それらはすべてカリフォルニアのサンフランシスコにあるアンカーの素敵な銅製の醸造所で、いまだに手作りです。

このビールは

アンカーブリューイングはサンフランシスコの文化の代名詞であり、彼らはビールに対する情熱とコミュニティに対する情熱を融合させることが大好きです。
春夏のコラボレーションで、彼らはサンフランサイコ®という素晴らしいパートナーを見つけました。
サンフランサイコ®は、コミュニティの支援と祝い事にも我々と同様に熱心な地元の企業です。
サンフランサイコ®IPAは、ホップと桃と杏子の大きくてジューシーな香りで仕上げられた、おいしい、バランスのとれた飲みやすいビールです。
このビールはまさに本物で、彼らの街そのものと同じようにオリジナルです。
そして今、このビールを世界中の友人やファンと共有できることを誇りに思います。
一緒にビールを飲みながら街を満喫しましょう。

2ロウ・ペール、レッド・ウィートと酸性麦芽で醸造された、サンフランサイコ®IPAは白いふわふわした泡を持つかすんだ金色の麦わら色です。
口当たりはクリーミーでなめらかでありながら、やや泡立ち、後味のほのかさが感じられます。
サンフランサイコ®IPAは、他のアンカー製IPAとは異なり、酵母の混合培養で発酵しているユニークでフルーティーなエステル・ノーズを作り出します。
アンカービールは、二次発酵中にピーチとアプリコットのフルーツ・ピューレを加え、ピーチ、アプリコット、パイナップルのほのかなフルーティーな香りとファンキーな素晴らしさを与えます。

サンフランサイコ®IPAという名前は、サンフランシスコ、特にオーシャン・ビーチとアウター・サンセット周辺で使用されています。
ラベルのデザインは、サンフランサイコ®が生まれたアウター・サンセットとオーシャン・ビーチを見下ろすノリエガの丘の上からの昔からの景色です。

BREW SHEET

国:アメリカ
アルコール:6.3%
初期比重:
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト: 2-ROW PALE,、RED WHEAT 、ACIDULATED
ホップ:APOLLO、その他北アメリカ産のアロマティック・ホップ
タイプ:IPA
価格:430円
インポーター:三井食品株式会社

テイスティング

やや濁りがある。
桃の香り。
IPAらしい苦味があるが、海外っぽい松やに臭さはない。
華やかな香りですが、コクがあり余韻が長い。