神奈川県厚木市発なので神奈川近隣では非常に人気の高いサンクトガーレン

この時期になると数種類発売されるバレンタイン仕様のスタウトビールのうち、オレンジチョコレートスタウトを飲んでみました。

ブリュワリー

岩本社長はサンクトガーレンの設立前、父の経営する飲茶店でビールづくりをしていました。
当時、飲茶店を国内とサンフランシスコで経営しており、向こうで出会ったビールがこの道に入ったきっかけで、日本のビールにはない、華やかな香り、しっかりした味わいに惚れ込んでいったのです。

当時、日本では小規模のビール醸造が認められていなかったので、サンフランシスコでつくり、現地の直営ブルーパブで販売していました。
そして六本木の直営飲茶店にも逆輸入して販売。
それは当時の日本の産業規制の象徴としてTIMEやNEWSWEEKなどのアメリカメディアで取り上げられました。
「岩本のビール造りの夢はかなった。ただしそれは日本ではなく、アメリカで」と皮肉たっぷりに。

 

それが今度は日本のメディアに飛び火。それをきっかけに1994年、小規模のビール醸造が認められるようになります。
それがいわゆる“地ビール解禁”。
日本の地ビールの歴史の幕開けです。
日本に戻ってきたのは1997年、神奈川県厚木市にビール工場を作り、地ビールブームも追い風となり、最初は順風満帆でした。

しかし、ブームは去り状況は悪くなり国内の飲茶店も行き詰まっている感がありました。
そして2001年、ついにビールづくりができなくなったその年、皮肉にも岩本社長が出品したビール全てが入賞。
悩んだ末2002年に自分の生涯を掛けてビールを造り続けるため、新しい会社『サンクトガーレン』をたった1人で設立。

『サンクトガーレン』として初めてビールをつくれるようになったのが2003年春。
現在は苦いビールが嫌いな人の為にスイーツビールやチョコスタウトなども作り、人気を得ています。

このビールは

マーマレードに使われる“橙(だいだい)” というオレンジを皮ごと細かく刻み、ジャムをつくるように長時間煮込んで風味を凝縮。
それをビールの基になる麦汁(ばくじゅう/ノンアルコールの麦ジュース)に合わせて発酵させました。
橙は“代々”と掛けられる縁起の良い柑橘としてお正月飾りにも欠かせないものです。
オレンジは皮も身も丸ごと使用しているため、飲んだ後にはマーマレードのような皮のほろ苦さが。
オレンジピールにチョコレートをコーティングしたお菓子“オランジェ” のような味わいのビールです。

BREW SHEET

アルコール:6.5%
初期比重:1.068
IBU(苦さ 平均15~20):24
モルト:ペールエールモルト、ミュニック、ウィート、クリスタル20°L、80°L、チョコレートモルト、ブラックモルト、ローステッドバーレイ
ホップ:ナゲット、ケントゴールディングス、カスケード、ウィラメット
タイプ:フルーツビール
価格:540円

テイスティング

漆黒。
薄いコーヒー、わずかにチョコの香り。
青臭さがある。
風味は甘い。
焦がしモルトの感じとエスプレッソのような苦味。
苦味の余韻はすぐに消え去る。
後半はビターさが強くなる。
青臭さは好きではない。