ビール クラフトバンク/バンクIPA

お洒落な幾何学的デザインが目立つ初めて飲んだブルワリー。

ブリュードッグのパンクIPAをもじった名前だろうか。


 

ビールデータ

ビール名:BANK IPA
生産地:日本 京都府福知山市南本町264-5
生産者:CRAFT BANK
アルコール:5.5%
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:
ホップ:
タイプ:IPA
価格:700円

ブルワリー

ビール片手に、なんかやろう。
なんかってなんだろう?
なんだっていい。

美味しいビールを飲みながら、もっと機嫌良く生きるために。
僕らは奥京都の銀行跡地に、クラフトビールの醸造場”クラフトバンク” をつくります。

不況だコロナ禍だと大変な時代に、一人は行政とのカタい仕事を辞め、もう一人は世界的なIT企業からドロップアウトして。
退路を絶ち、本気でビール造りの世界に飛び込みました。
銀行だった建物を自らハンマーやドリルを手に解体し、ビールを楽しむ空間にする。
それは、なんだか象徴的な気がします。

僕らは、堅苦しいこと、つまんないこと、嘘くさいこと、すべて壊し、好きに生きられる場所をつくりたい。

そしてこの福知山という街のブリューパブを、同じようなクラフト精神、つまり自分たちの手で何かを起こそうとする人たちの、出会いやきっかけを生み出す場所にしたい。
ビールには、どうゆうわけか人を繋ぐ力がある。
実際、資本力もない僕らに、美味いビールが飲めるならとアーティストやクリエイターが続々と仲間に加わってくれている。
僕たちは、かつてお金を通して経済発展を促してきた銀行の跡地で、今度はクラフトビールで人と人をつなぎ、幸せや驚きを生み出したい。

まあ、こんな理屈っぽい話はともかく。
さ、ビール片手に、なんかやろう。

このビールは

香り豊かな米国産およびNZ産のホップを使用したCRAFT BANKの定番IPA柑橘系の香りや、南国果実を思わせるジューシーで爽快な苦味が特徴のビール。
今回のバッチも、前回バッチ同様、一部に小麦系の麦芽を使用し、ホップ構成も若干調整したことで、ホップの華やかなアロマシとャープな苦味が楽しめる仕上がりになっています。

テイスティング

薄濁り濃い黄金色。
爽やかな柑橘系の香り。
穀物系の味わいがありながら苦味しっかり。
余韻長め。

wineninja

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!