• 日々お酒の事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインとビールの事や、食べ歩いたお店を書いていきます。増税前の値段の場合もありますのであしからず。

熟成したケンゾーを飲みたいと思っていたら遂に飲む機会が。

いやーこれは高級ボルドーですよ。
でもアメリカを感じさせます。

 

 

ワインデータ

ワイン名:紫鈴 rindo
生産地:USA > California > Napa
生産者:Kenzo Estate (ケンゾー・エステート)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ), Cabernet Franc (カベルネ・フラン), Petit Verdot (プティ・ヴェルド), Malbec (マルベック)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

辻本憲三は、ゲームソフトの開発・販売会社であるカプコンの創業者として成功を収めました。
その頃、1976年の「パリスの審判」でナパヴァレーのワインが世界に知られるようになり、ナパヴァレーの魅力に取り憑かれるようになる。
カプコンの米国進出に伴い、屋内型エレクトロニック・スポーツビジネスに代わる屋外型ビジネスとして、ケンゾーは静かな場所を求めていました。
カリフォルニアのワインカントリーに惹かれ、野外の隠れ家を作りたいと考えた彼は、ナパの南東にある1,538haのマウンテンバレーを選びました。

1990年、カプコンがこの土地を購入。
しかし、事業計画が頓挫し、最終的にケンゾーが同社から土地を買い取り、ケンゾーエステートの物語が始まった。

ケンゾー・エステートの哲学は、自然なワイン造りに重点を置いています。
ニューヨークのセントラルパークの5倍の広さがあるこの貴重な土地には、馬術センターがあり、米国馬術チームの練習場にもなっていた。

1998年にブドウ畑の開発が始まり、1999年にボルドー品種の最初の根株が植えられました。
2年後、ケンゾー エステートはブドウを収穫した。
その果実からワインが造られたが、そのヴィンテージがリリースされることはなかった。

この土地は、広大な敷地、天然の水源、ユニークなテロワールを持つことから、地元のブドウ栽培者たちを惹きつけました。
ケンゾーと妻のナツコは、伝説的なロバート・モンダヴィをはじめとするワイン業界の友人たちとともに、この土地をブドウ園にする大きな可能性を見いだしました。

2001年、ケンゾーは、スクリーミング・イーグル、ハーラン・エステート、コルジン・セラーズといった一流ワイナリーのブドウ畑を設計している有名なブドウ栽培者、デビッド・アブレウと出会いました。
彼は、2人で協力して最高品質のブドウを栽培することを提案した。
アブレウが参加した条件は、ブドウ畑全体を植え替えることでした。
この大規模なプロジェクトにより、ブドウの品種とテロワールが、最も健全なブドウ畑の生態系の中で完璧にマッチングされることになります。

2002年に植え替え作業を開始し、ブドウの木、土、地中の小さな石まで取り除きました。
各ブロックは、ブドウの木の伝統と品種の特徴を純粋に引き出すように植えられました。
2003年、著名なワインメーカーであるハイディ・バレットがチームに加わりました。タイム誌で「ナパバレーのワインの歌姫」と呼ばれたバレットは、スクリーミング・イーグルやダラ・ヴァレなど、最も人気のあるナパバレーのカルトワインをいくつか造っています。
ケンゾーとナツコは、バレットのエレガントでアーティスティックなワイン造りのアプローチに魅了され、ケンゾーとナツコは、バレットが造るワインに魅了されました。
3人はケンゾーのビジョンを実現するために協力し合い、世界最高峰のワインに匹敵するような、優れた、それでいて親しみやすいワインを造り上げました。
バレット女史は2022年にチームを去り、マーク・ナネスがその任に就いた。

2005年には、ケンゾー・エステートのブドウ畑は最初の収穫を迎えることができ、15年にわたるケンゾーのワイン生産の追求が実現したのである。
2008年、東京帝国ホテルにおいて、ケンゾー エステートのファーストヴィンテージワイン「2005 rindo」「murasaki」「ai」の発表記念パーティーが開催されました。
ワインラベルは、著名なデザイナー八木 保氏がデザインしたもので、その優美なデザインは、瞬く間に完売しました。

2009年、最新鋭のワイナリーと生産設備、そして約6,000平方mの天然熟成庫の建設が完了しました。
そしてついに、ケンゾー エステートのワインは、正式に「エステート ボトリング」されるようになったのです。
そして2010年、美しく整備されたテイスティング・ルームが完成し、お客様をお迎えする準備が整いました。

2010年のテイスティングルームのグランドオープンを記念して、ケンゾーとナツコは友人やパートナーを迎えました。
ケンゾーエステートの美しさと素晴らしいワインコレクションを体験していただくために、ゲストを正式にお迎えしました。
2016年、ケンゾーとナツコは、本格的な日本料理をケンゾー・エステートのワインとともに共有するため、名前を冠したレストラン「ケンゾー・ナパ」をオープンさせました。
日本で5つのケンゾー・エステート・レストランを経営してきたナツコは、再びケンゾー・ナパでデザイン、運営、マーケティングの手綱を握りました。
彼女の揺るぎないビジョンと卓越性へのコミットメントが、ミシュランの星を4年連続で獲得し、ワインスペクテーター誌の優秀賞を毎年受賞するなど、レストランの継続的な成功の重要な要因となっているのです。

2009年、マーク・ナネスがエステートワインメーカーに任命され、ハイディ・バレットを補佐し、ケンゾー エステートの成長するワインポートフォリオを作り上げることになりました。
2022年、19回のヴィンテージを成功させた後、ハイディ・バレットは退任し、マークはケンゾー・エステートのワインメーカーとして、ケンゾーとナツコにより指名されました。
「私たちは、マークが今後も受賞歴のある重要なワインを造り続けるための専門知識を持っていると信じています。」
「私たちは、彼がケンゾー エステート ワインの魔法に対する深い理解を取り入れ、ワイン醸造プロセスに新しいエネルギーをもたらすことを期待しながら待っています。」

ボンフォートのワイン&スピリッツジャーナル誌で「世界のトップ100ワイナリー」に選ばれたケンゾー エステートと、ミシュランの星を4度獲得したケンゾー ナパは、今や輝かしいナパバレーのワインと料理のシーンに深く関わっています。

このワインは

紫色の鐘やリンドウの花を意味する「rindo」は、ブドウの房の美しい紫色が、ブドウ畑に吊るされたたくさんの鐘の形に似ていることを表しています。
コレクションを代表する赤ワインであるrindoは、ボルドー品種の魅力的なモザイクを栽培する、このエステートの壮大で多様なブドウ畑の唯一の表現であります。
各ヴィンテージは、その生育期間を反映しており、ブレンドによってそれぞれユニークに調整され、洗練されています。

テイスティング

光を通さない濃いルビー色。
カベルネ・フランの青臭さが冷えていると出ている。
温度が上がるとジワリと
ボルドー寄りだけど旨味しっかり。
甘味。
正に旨味


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!