• 日々お酒の事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインとビールの事や、食べ歩いたお店を書いていきます。増税前の値段の場合もありますのであしからず。

以前白ワインのクロ・ナルディアンを飲んだシャトー・テシエ。

カベルネ・フラン主体ですが青青しさは感じず。

 

 

ワインデータ

ワイン名:Le Dôme
生産地:France > Bordeaux > Saint Émilion
生産者:Ch. Teyssier (シャトー・テシエ)
品種:Cabernet Franc (カベルネ・フラン)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

1869年に歴史家ジュール・ロイが城を建設し、ブドウ園を建設するまで、この地所は主に18世紀まで農場でした。
ジョナサンとリン・マルタスが1994年に到着したとき、シャトー・テシエは、放置され5haの土地に縮小されていました。
新しい所有者は、ワイナリーとセラーを近代化し、2つ目のワイナリーを建設し、ヴィニョネ、サン・シュルピス・ド・ファレイレン、サンテミリオンに追加の区画を取得しました。

しばしば「ガラギステ」(ガレージ・ワイン醸造者)や「カルト・ワインメーカー」と呼ばれるジョナサン・マルタスは、ワイン醸造学者のニール・ホワイトとコンサルタントのワイン醸造学者ジル・ポーケと協力しています。
マルタスの他のワイン製造プロジェクトの中には、バロッサ・バレーとエデン・バレーのコロニアル・エステートがあり、以前はペンフォールズのグランジに使用されていたブドウの木を取り入れ、エグザイルやエミグレなどのラベルを製造していましたが、彼の関与は2009年に終了しました。
ナパ・バレーでのベンチャー企業は、2011年にエステート名「ワールド・エンド」で最初のワインを生産しました。

2008年2月マルタスはシャトー・アンジェリュスの隣接する不動産であるヴュー・シャトー・マゼラの残りを買収し、1996年に購入したル・ドームのブドウを生産する区画に6haを追加しました。

このワインは

シャトー・カノン、シャトー・ボーセジュール・ベコ、シャトー・アンゲリュスの近くに位置し、以前はヴィウ・シャトー・マゼラ(デヴィッド・ペッパーコーンによって評価されたが未分類)の一部だった区画から、1996年に「ガラジスト」主義(ガレージワイン)による生産を開始した。

カベルネ・フラン80%、メルロー20%で構成され、畑の面積は合計3.2はです。

年間生産量は1,600ケース(30hL)。

テイスティング

カベルネ・フランが殆どだと聞いてピーマン系なのかと思いきやそうではなかった。
黒糖、ベリー、土の香り。
旨味しっかり。
タンニンは角が無い。
とっても美味しいけれどとっても高い。

飲んだ日:2022-03-25
飲んだ場所:ピアット・デル・ベオーネ
価格:25,000円
インポーター:ワインプレスインターナショナル


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!