• 日々お酒の事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインとビールの事や、食べ歩いたお店を書いていきます。増税前の値段の場合もありますのであしからず。

エノテカのHPには「チリ最大のコンチャ・イ・トロが手掛ける、注目ワイナリー。」と書かれていましたが、特に海外の記事を明後日もそんなことは出ておらず…

現在はスティルワインの扱いはエノテカではしていないようです。

 

ワインデータ

ワイン名:Reserva Especial Pinot Noir
生産地:Chile > Coquimbo > Limari Valley
生産者:Maycas del Limarí (マイカス・デル・リマリ)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

マルセロ・パパは、革新的で質の高いプロジェクトに着手したいと考えていました。
彼は旅に出てチリのさまざまな谷を探索し、自分が探していたものと理想的な、並外れた特徴を持つリマリ・バレーを見つけました。
日照量、朝のカマンチャカ、太平洋から吹いてくる爽やかな風、そして赤土を多く含む石灰質の土壌により、マルセロは「マジックバレー」と名付けたプロジェクトを実現することができました。
マルセロは、リマリ・ヴァレーの特質を知り、ブルゴーニュの古典的なブドウ品種に大きな可能性があることを発見しました。
この地域の魅力とインカの段々畑の栽培システムが、「メイカス・デル・リマリ」に独特の個性を与えているのでしょう。

リマリ・バレーは非常に特別な場所で、ブドウ栽培に最適なテロワールを保証する特徴があります。
土壌中に炭酸カルシウムが含まれていることによるミネラル感が、このワインの特徴となっています。
この強烈な光のおかげで、ブドウはゆっくりと最適な状態で熟すことができます。
また、太平洋の影響で現地の気温が下がりやすく、ワインのアロマやフレーバーがより凝縮されます。

このワインは

このワインは、生産に使用されているブドウの木が栽培されているリマリ・ヴァレーの新鮮さ、爽やかさ、ミネラル感を表現することを目的とした「エスペシャル」ラインに属しています。
このラインには、シャルドネ、ピノ・ノワール、シラーなどの最も高貴な国際品種から作られたワインが含まれています。

テイスティング

ルビー色。
チェリーの香りに少しイチゴの香り。
タンニンは少なめ。
エレガント…ではないが飲みやすい。

飲んだ日:2014
飲んだ場所:エノテカ
価格:4,500円
インポーター:エノテカ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!