飲んだワイン ラ・ホタ・ヴィンヤーズ ハウエル・マウンテン カベルネ・ソーヴィニヨン2012 7点

最終更新日

アメリカの力強くわかりやすいカベルネ・ソーヴィニヨンが好きな方は9点くらい付けてしまうかもしれません。

しっかりとした味わいなので、冬に肉と一緒に飲みたくなるワインです。

 

ワインデータ

ワイン名:Howell Mountain Cabernet Sauvignon
生産地:USA > California > Napa
生産者:La Jota Vineyards (ラ・ホタ・ヴィンヤーズ)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Cabernet Franc(カベルネ・フラン), Merlot (メルロ), Petit Verdot(プティ・ヴェルド)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

ラ・ホタ・ヴィンヤード社は、1898年にスイスからの移民で、サンフランシスコにドイツ語の新聞社を設立したフレデリック・ヘスによって設立されました。
カリフォルニアのワイン産業に関わった他のヨーロッパ系移民の影響もあって、ヘスはハウエル・マウンテンにあるメキシコの土地「ランチョ・ラ・ホタ」のうち、327エーカーを購入し、ブドウ畑を作りました。
敷地内で切り出した火山灰の石を使って石造りのワイナリーを建設し、最初の発酵タンクも敷地内にある海岸沿いのレッドウッドの木を使いました。

岩だらけの浅い土壌、豊富な風と霧、ハウエル・マウンテンのテロワールは、世界最高のワインが生産されていたヨーロッパを彷彿とさせました。
ヘスは、他の初期の開拓者たちとともに、ナパ・ヴァレーも同じような特徴を持つことができると信じていました。
ワイナリー建設からわずか2年後の1900年に開催されたパリ万国博覧会で、ヘスが作った「ブランコ」が銅メダルを獲得したことで、ラ・ホタは国際的な評価を得ることになった。

禁酒法により、アメリカのワイン生産は事実上終了し、ハウエル・マウンテンの優れたワインの市場は崩壊しました。
禁酒法は1933年に終了しましたが、そのダメージは大きかったのです。
いくつかのハウエル・マウンテンのワイナリーが再出発を試みましたが、成功したところはありませんでした。
最終的にワイナリーは「空っぽ」になり、この地域には数多くの「ゴースト」ワイナリーが存在することになりました。
半世紀が過ぎた1974年、元石油会社のビル・スミス氏が、「幽霊」のようなラ・ホタ・ヴィンヤーズCo.を買収し、敷地内にブドウの木を植えました。
8年後の1982年には、復活したラ・ホタのワイナリーが正式に設立されました。
2005年、カリフォルニアワインのパイオニアであるジェス・ジャクソン氏と妻のバーバラ・バンク氏がラ・ホタを購入しました。

今日、このワイナリーは、100年以上の歴史を持つラ・ホタ・ヴィンヤーズCo.のワイン製造の伝統を誇りを持って継承し、山岳地帯のカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、シャルドネを小ロットで生産しています。

3つのエステート・ヴィンヤードに28エーカーのブドウが植えられており、それぞれが異なる個性を持っています。
「ザ・ヒル」は最も標高の高い場所にあり、日当たりが良く、急勾配の斜面にあります。
「ザ・メドウ」は最も大きな畑で、「ワイナリー・ブロック」は19世紀に建てられた石造りのワイナリーの隣にあります。
ワイナリー・ブロックは、セント・ジョージの台木を使用しており、40年以上前のフィロキセラ耐性のあるカベルネ・フランの木で構成されています。

ラ・ホタのブドウ畑とワイナリーの孤立した田舎風の環境は、時代を超越しており、1800年代後半と大差ありません。
この山は昔、ワッポ族が開拓し、メキシコの将軍がノースカロライナの開拓者にこの土地を与え、スイスからの移民がワイナリーを設立し、イタリアの石工が中国人労働者によって建てられた石造りのワイナリーを設計し、この土地にはフランスのブドウ品種が植えられていました。
それがアメリカの物語なのです。

このワインは

2012年のカベルネ・ソーヴィニヨンは、77%のカベルネ・ソーヴィニヨン、11%のカベルネ・フラン、残りのプティ・ヴェルドとメルローをブレンドし、89%の新樽で熟成させています。

テイスティング

濃い紫色。
タンニンしっかりでパワフル。
優雅さがちょっと足りない気もする。
ワイルドな赤が好みなら。

飲んだ日:2016-02-07
飲んだ場所:wine market party
価格:15,120円

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!