飲んだワイン ポポヴァ・クラ・ワイナリー/スタヌシナ バリック2014 7点

最終更新日

普通に生きていたらほぼ飲む機会が無いと思われる、古代にアレクサンドロス大王を輩出したマケドニアのスタヌシナ バリック

スタヌシナ種を唯一栽培しているポポヴァ・クラ(僧侶の塔)のワイン。
熟成したらボルドー品種の様になるのだろうか。

ワインデータ

ワイン名:Stanushina Barrique
生産地:Macedonia
生産者:Popova Kula Winery (ポポヴァ・クラ・ワイナリー)
品種:Stanushina (スタヌシナ)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

ポポヴァ・クラ・ワイナリーとブドウ畑は、美しい街デミール・カピハの西にあるグランド・ヒル(ヴェリコブルド)の南斜面にあり、高速道路E-75の近くにあります。
デミール・カピハ渓谷は、ポバーダリエ地域の一部であるティクベシヤ・ブドウ栽培地域のサブリージョンの南東部にあります。

この地域の人々がブドウ畑を育て、作成したワインの日付を紀元前13世紀にしたことを証明する最も古い考古学的発見もあります。
優れた気候とブドウ栽培に最適な土壌のある場所です。

アレクサンダー・カラジョルジェビッチ王は、現在のマケドニア、セルビア、クロアチア、ボスニア、スロベニア(アドリア海沿岸とパノニアン・バレーを含む)に広がる王国を持っていました。
彼は自分のブドウ畑の場所を選ぶ時に膨大な可能性を持っていました。
しかし、信頼できるコンサルタントのアドバイスに従って、アレクサンダー王は賢明な選択を行い、今日のブドウ畑とまったく同じ場所にデミール・カピハの小地域に最初のブドウの木を植えました。

この地域の人々と歴史的建造物に忠実であるために、彼らのワイナリーは重要な塔であるポポヴァ・クラ(僧侶の塔)にちなんで名付けられました。
ポポヴァ・クラは地域の重要なマーカーとして機能しましたが、その後破壊されました。
敬意を表して、高さ17 mの新しい塔を建て、ワイナリーにポポヴァ・クラという名前を付けました。

このワインは

スタヌシナは、マケドニアのティクヴェシャ地域でのみ見られる確立されたブドウ品種です。
過去数十年にわたりこの地域のブドウ栽培者は、新しい国際的なブドウ品種の導入により、スタヌシナの生産を放棄し始めました。
この慣行は、この独特な種類のブドウが永遠に一掃される脅威でした。
ポポヴァ・クラ・ワイナリーの意図と特権は、このブドウをこの地域に再導入し、素晴らしいワインの種類を世界と共有することです。
この地域の他のワイナリーがこのイニシアチブに従い、国産のブドウを使用したワイン生産の伝統を継続することを願っています。
現在のところ、この品種の世界で唯一の生産者です。
スタヌシナは、「マケドンスコ・デヴォイチェ」(マケドニアの少女)とも呼ばれ、マケドニアが誇るべき国産品です。

2014年は暖かい春が適度に雨の多い冬に続き、成長期が早く訪れました。
降水量は通常の量であり、年間を通じて均等に分散しました。
これらの条件は、ほとんどの収穫シーズンを通じて続き、高品質のブドウを育て、ブドウ園とワイン生産者に比較的簡単なペースをもたらしました。
スタヌシナ・ブドウは、標高600メートルのブドウ園から10月中旬に手作業で収穫されました。

テイスティング

初めて飲んだブドウ品種。
ルビー色。
ベリー、チェリー、ハーブの香り。
樽の香りはしなかった。
ボルドー品種に似ているような?

飲んだ日:2016-11-19
飲んだ場所:ハドソン
価格:2,500円
インポーター:ステラインポート

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!