飲んだワイン ボートシェッド・ベイ/ピノ・グリ2018 7点

最終更新日

米国のフォリーがニュージーの新進気鋭のワイナリーを傘下に収めて最近日本にも売り出しているボートシェッド・ベイ

ピノ・グリを使用していますが、苦みが少なくフレッシュで飲みやすい。
ニューワールドのワインはどんどん入ってきて欲しい。

ワインデータ

ワイン名:Boatshed Bay Pinot Gris
生産地:New Zealand > South Island > Marlborough
生産者:Foley Wines (フォリー)
品種:Pinot Gris (ピノ・グリ)
スタイル:White Wine

ワイナリー

マールボロの海岸の美しさに触発されたボートシェッド・ベイは、ニュージーランドの南島でマールボロの生命と色の音色を体現しています。
長年にわたり、この地域の美しいブドウ畑から自信にあふれたワインを造っています。

1996年ボートシェッド・ベイは、著名なワイン醸造家のキムとジーネット・ゴールドウォーターによって1996年に設立されました。
ブドウ畑は元々ワイヘケ島に植えられていました。
ワイナリーは、近くの美しい静かな入り江からその名が付けられました。

2010年ワイナリーは2006年にニュージーランドのワイン・ファンドの一部となり、小規模な生産ワイナリーとプロフェッショナルな販売およびマーケティング力とのペアリングを実現しました。
その後、2010年に米国フォリー・ワインの参加になりました。

このワインは

醸造:ステンレスタンク醗酵
熟成:ステンレスタンク4カ月(シュールリー)

テイスティング

黄金色。
洋ナシや香水の香り。
開けたては微発泡。
苦味が少しありフレッシュな果実。
酸は少なく飲みやすい。

飲んだ日:2020-08-27
飲んだ場所:スマイルダイニングSWITCH
価格:1,500円
インポーター:モトックス

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!