飲んだワイン ブタリ・ワイナリーズ/サントリーニ2017 7点

最終更新日

ギリシャ試飲会で飲んだ気になるワインの一つブタリ

アジリティコというギリシャ・ワイン好きじゃないとなじみの薄いブドウ品種です。
たまに飲んだことのない品種を飲むと勉強になります。

ワインデータ

ワイン名:Santorini
生産地:Greece > Santorini
生産者:Boutari Wineries (ブタリ・ワイナリーズ)
品種:Assyrtiko (アジリティコ)
スタイル:White wine

ワイナリー

ブタリは、ギリシャで最高の歴史を誇る高品質のワイン製造会社の1つです。
1879年の設立以来、今日の社長兼CEOであるコンスタンティン・ブタリの偉大な父であるジョン・ブタリによって、同社は高品質のワインを生産するための基礎を築いてきました。
ブタリは、ワイナリーで活動しているすべての地域…ナウサ、グメニッサ、マンティニア、アッティカ、サントリーニ、クレタで、地元のブドウ園と先住民のブドウ品種の救出とさらなる成長に記念碑的な役割を果たしました。
ブタリはギリシャのワイン観光のパイオニアです。
1990年にブタリ・ワイナリーのサントリーニは、組織されたツアーとテイスティングを提供した最初のギリシャのワイナリーでした。
世界中の25か国に40を超えるワインを輸出ボータリの存在、およびこれまでに受けた数多くの賞と格付けは、同社をギリシャおよび海外の最高品質のギリシャワインの価値ある大使にしています。

このワインは

このワインのすべての果物は、サントリーニ島の火山性の砂質土壌からきています。
樹齢50〜60年のもので、「コウロウラ」と呼ばれる織りかごの中で、剪定されて枝打ちされます。
平均収量は2500〜3500kgです。

すべてのブドウは手で収穫されます。
最適な品質を得るために、手作業で入ってくるブドウを選択し、それらを10度で冷却してから、除梗、粉砕、圧搾を行います。
生産の一部は、香りを確実に最大化するためにコールド・ソーキングを行います。
フリーラン・ジュースを発酵槽に移し、最適な透明度を達成するために、非常に低い温度で粕をラックから取り出します。
次に、14〜18度でアルコール発酵を行い、一次および二次の香りを実現します。
ワインは最後にステンレス鋼のタンクに移され、瓶詰めの前に少なくとも3か月間微細な粕を攪拌することで、透明度を増しています。

テイスティング
黄金色。
柑橘系、アプリコットなどのトロピカルフルーツの香り。
少し塩気を感じるような味わいはサントリーニ島だからなのか気のせいなのか。

飲んだ日:2018-04-18
飲んだ場所:ホテルニューオータニ
価格:9ユーロ

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!