飲んだワイン ドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユ/ヴォルネイ カイユレ プルミエ・クリュ2008 8点

最終更新日

ヴォルネイの有名ワイナリー。

2013年から拡張したカイユレ。
エレガントでありながら力強いワイン。

ワインデータ

ワイン名:Volnay Caillerets 1er Cru
生産地:France > Bourgogne > Côte de Beaune > Volnay
生産者:Dom. Marquis d’Angerville (ドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユ)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

1507年、会計秘書である王室の将校がヴォルネイに派遣され、現在フランスの王族が所有しているブルゴーニュ公爵のかつての財産の目録を作成しました。
当時流行した疫病の流行は、将校がヴォルネイに入ることを思いとどまらせます。
彼は使命を果たすために、彼は38人のヴォルネイの人々にヴォルネイ区域の「正直で正確な」調査を行うように依頼します。
この記録は、ディジョンの市立公文書館に保管されている、厚さ約12cmの1507年の膨大な記録の一部です。
記録は確かに正確でした。
今日でもよく知られているヴォルネイのアペラシオン(シャンパン、カイユレ、フルミエ、タイユピエ…)がそこにあることを認識し、レポートは詳細に書かれていました。

「アシーズ・スー・ロイーシェ(ロイーシェの下に座して)」という用語で指定されたブドウ園は、実際にはクロ・デ・デュックであり、村人は新しい所有者を怒らせる事を恐れてデュックの名を使いませんでした。
しかし、ブルゴーニュ公爵のかつての所有物であった壮大なクロ・デ・デュックはその名前を維持し、今日でも52区画約2.15ha存在します。

今日のドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユは、おおよそ1507年の王立将校の報告書に記載されているものです。

ワイナリー1804年に一族に加わり、オートンの副知事であるデュメスニル男爵がコート・ドールの「ヴォルネイ」にある区画であるクロ・デ・デュックを買収しました。
コートドボーヌの中心部にあるクロ・デ・デュックの周辺には、12世紀から15世紀にかけて、ブルゴーニュ公爵の有名なブドウ園の一部であった区画が集まっていました。
売却証書は、非常に古いクルミの木が地所の中庭を飾っていることを明記しており、その木は今日でも立っています。

19世紀の後半、クロ・デ・デュックは、不動産を取得したデュメスニル男爵の息子であるユージーン・デュメスニルが所有していました。
「香りを良くするために」ボトルを砂に埋めておくことを顧客に勧めたユージーンは、1876年に「噴水の寓話」というタイトルの作品を出版することで、小さな文学的な悪評を生み出しました。

ユージーンは、現在の所有者であるギョーム・ダンジェルヴィーユの祖父であるセームの叔父であり名付け親でした。

1888年ユージーンは、直接の相続人がおらず、クロ・デ・デュックを、当時15歳だった甥あるセームに遺贈しました。
セームは、フィロキセラ危機の後、約20年後にそれを受け継ぎました。
パリのエコール・デ・ボザール(高等美術学校)の生徒である彼は、ブドウ栽培を人生の目的としていませんでしたが、すぐにワイナリー、ブドウの木、繊細なピノ・ノワール、ワインに惹かれ、この歴史的なブドウ園の復興に専念しました。

「本物のワイン」の堅固な擁護者であるマルキ・ダンジェルヴィーユは、当時の慣行が今日ほど完璧ではなかったボーヌのネゴシアンにすぐに反対しました。
彼は詐欺の罪でネゴシアンを告発しました。
その後、彼は自分のワインの販売店を探すことを余儀なくされましたが、ネゴシアンはもはや彼から購入することはありませんでした。
したがって、必然的にワインをワイナリーで瓶詰めし、直接販売する最初の一人になりました。
品質と信頼性に対する彼の絶え間ない探求は、彼をル・ロイ男爵と一緒に創設メンバーとして、INAOの国立原産地アペラシオン研究所の創設に参加するように駆り立てます。

1935年ニュイ・サン・ジョルジュのドメーヌ・アンリ・グージュとセームは、当時のワイン組合からブルゴーニュのワインとクリマの階層を分類するよう依頼されました。
2人の男は同じ価値観を共有し、素晴らしい誠実さと非の打ちどころのない倫理で彼らの使命を遂行します。
それらの分類は、まれでわずかな例外を除いて、今日でも有効です。
彼は完璧ではありませんが、彼の洞察力は証明されています。

ジャック・ダンジェルヴィーユは、パリのビジネス・スクールの準備を始めた父親のセームの要請により、1950年に23歳でワイナリーに加わりました。
彼は父親と同じように品質に情熱を注いでおり、ヴォルネイ村のたゆまぬ大使であるドメーヌとそのワインの評判を築き上げます。
偉大なワインメーカーである彼は、ファッションのトレンドに敏感で、「ワインの後ろに姿を消したい」と考えていました。
彼は自分のワインの愛好家一人一人を個人的に知りたかったのです。

ブルゴーニュの専門機関に深く関わっているジャックは、1979年から1981年にかけて、ブルゴーニュワインの専門家間委員会(BIVBの前身)の会長に任命されました。
その後、1983年から1985年にかけて再び参加しました。
ディジョンにワイン・アンド・ワイン大学研究所を設立し、1993年から初代学長を務めました。
1960年代にアカデミー・デュ・ヴァン・フランスに歓迎され、1982年から1987年まで総長を務め、その後名誉会長を務めました。
ジャックは、国際ワインアカデミーの創設メンバーでもありました。

ジャックは、ブルゴーニュとヴォルネイの素晴らしいワインに謙虚に捧げられた一生を経て、2003年7月に亡くなりました。
彼は52の区画を証明し、ブルゴーニュの偉大な発展に大きく貢献しました。
彼は管理された土地、ベンチマーク・ワイン、そして素晴らしいブルゴーニュ・ワインの醸造の真の哲学を残しました。

このようにして、彼はドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユの世界的な評判を築き上げました。

ギョーム・ダンジェルヴィーユは、2003年にジャックが亡くなった後、父と祖父が描いたやり方でワイナリーの管理を引き継ぎ、その完全性と家族性を維持し一族の願いを叶えました。
彼は最初に義理の兄弟である、ジャックと15年間一緒に働いていた農業技術者のルノー・ド・ヴィレットによって10年間支えられていました。

ギョームは父親が生産したワインを賞賛し、ブドウ栽培と醸造の主要な原則を変更したくないと考えました。
ディジョンのブドウとワイン研究所、オエノロジーの技術者としてのトレーニングのために学校に再度籍を置き、勉強に没頭しました。
2005年、アンネ・クラウド・ルフレーヴに触発されました。
ジャックがもう少し長生きしていればおそらく自分で達成できたであろうビオディナミへの転換です。
これはワイナリーにとって彼の世代の素晴らしいプロジェクトになるでしょう。

2012年ギョームはジュラのアルボワにドメーヌ・デュ・ペリカンを設立しました。
パートナーのフランソワ・デュヴィヴィエは、ドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユのマネージャーでもあります。
ドメーヌ・デュ・ペリカンには、モンティニー・レ・アルシュアとアルボワ周辺に約15haのブドウの木があり、ピノ・ノワール、トルソー、プルサード、サヴァニャン、白のシャルドネの5種類のジュラ品種が植えられています。

今日のワイナリーは、前の世代から受け継がれてきた本質的な価値観を尊重しています。
厳格さ、偉大なテロワールへの敬意、自然が蓄える驚きに直面した謙虚さ、ヴィンテージからヴィンテージへ。
これらの価値観は、ブドウ園での作業の実施と、テロワールを尊重するワイン作りの習得に非常に厳密に毎日反映されています。
これが、ドメーヌがブドウ園のすべての作業を管理し、ブドウ園を知り、その哲学を順守する独自のチームによって実行されることを望んでいる理由です。
したがって、ドメーヌのすべてのワインは、ワイナリーのブドウの木とセラーからのみ供給されます。

チームは、ブドウ栽培、ワイン製造、熟成を担当するマネージャーのフランソワ・デュヴィヴィエが率いています。
フランソワは、ディジョン大学で科学の学位とオエノロジーの学位を取得しています。
彼は2005年にワイナリーに加わりました。
彼は栽培の責任者であるピエール・クレアによってサポートされています。
ピエールは植物に関連するすべての側面を完全に習得し、経験豊富なワイン生産者のチームとブドウの木での作業を整理します
ディディエ(注文等担当)、エイドリアン(チームを監督する)、ベンジャミン(トラクター・ドライバー)、コーラリー、マルゴー、マリーズ。
ヴァネッサとマチルデは、お客様との関係に関連するすべての側面を効率的かつユーモアを交えて調整します。
彼らが居なければ、ワイナリーは成り立ちません。

このワインは

ドメーヌは歴史的に、カイユレのアペラシオンの上部西側0.46haの小さな区画を所有していました。
2013年に同じアペラシオンで追加の区画を取得することができましたが、既存の区画から未舗装の道路で区切られているだけでした。
その土壌は浅く貧弱で、赤みがかっていました。
今ではクリマ全体が模範的な状態になっています。
テート・ド・キュヴェとヴォルネイの最も有名なヴィンテージの1つであるカイユレは、非常に優れたワインを生産しています。

フィネスとパワーがカイユレで組み合わされて、非常に調和のとれた全体を生み出します。
カイユ(cailloux)=小石…名前の語源が示すように、石の多い土壌はこのワインに果実と美しく調和するミネラルを与えます。
この非常にヴォルネイらしいキュヴェには常に更新されたエレガンスがあります。
ヴォルネイ・シャンパンのように、5年から10年の熟成は、潜在能力を最大限に発揮し、その驚くべきブーケを解放するために必要です。

テイスティング

ルビー色。
ベリー、アジアンスパイスの香り。
酸は程々。
タンニンは最初少なく感じたが、徐々に堅牢な感じに。
後半焦げ臭も。
エレガントだが力強い。

飲んだ日:2012
飲んだ場所:ふる川
価格:20,000円

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!