飲んだワイン ヴィーニャ・タラパカ/コセチャ・タラパカ シャルドネ2018 6点

最終更新日

どうやら日本がメインで販売されているコセチャ

安いですが樽が効いていて、満足感は高いですが、飲み飽きてしまいがち。。
お値段が安いのでデイリーワインとしては優秀。

ワインデータ

ワイン名:Cosecha Tarapaca Chardonnay
生産地:Chile > Central Valley
生産者:Viña Tarapaca (VSPT Wine Group) ( (ヴィーニャ・サン・ペドロ・タラパカ))
品種:Chardonnay (シャルドネ)
スタイル:White Wine

ワイナリー

1874年、著名な醸造家であったドン・フランシスコ・デ・ロハス・イ・サラマンサは、フランスから苗木を輸入し、アンデスに続く丘陵地帯、マイポヴァレーにワイナリー「ヴィニャ・ロハス」を設立しました。
1875年にはサンチアゴの国際品評会で銀賞受賞。
1876年USAフィラデルフィア品評会で銀賞受賞。
これが現在のビニャ・タラパカの基となっています。
2008年VSPTグループに属します。

現在、ビニャ・タラパカがマイポヴァレーに所有する土地は、2,600haに渡り、広大な地域一帯は、「ロザリオ・エステイト」と呼ばれています。
「ロザリオ・エステイト」は、地殻変動により1,500万年以上前に生まれた、周囲を囲まれた谷のような地形が特徴です。

時を経て、マイポ川が北側の境界となり、独特の「メソ・クライメート」(中気候)が見られる、天然の「ブドウ園」を形成しています。
自然の「壁」に囲まれた独特の恵まれた環境が、特別なワインを生み出しています。

このワインは

売りに出ているのも日本がメインで、他の国ではあまり飲まれていない様子。
インポーターHPにも情報が無い。

テイスティング

トロピカルフルーツ、バニラの香り。
安いシャルドネの香り。
酸はそれほど強く無い。
後半飲み疲れる。

飲んだ日:2019-11-01
飲んだ場所:京王プラザホテル
価格:580円
インポーター:リードオフジャパン株式会社

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!