ディディエ・ダグノーの最高峰を飲んだという人に何を飲んだか聞くと半分くらいがシレックスと答えますが、違う、そうじゃない

実はもう一ランク上のアステロイドがいます。

 

 

ワインデータ

ワイン名:Asteroide アステロイド
生産地:France > Val de Loire > Centre Nivernais > Pouilly Fumé
生産者:Dagueneau (ダグノー)
品種:Sauvignon Blanc (ソーヴィニヨン・ブラン)
スタイル:White wine

 

ワイナリー

2008年に飛行機事故で早世した故ディディエ氏の跡を継いだ息子のベンジャマン氏は、葡萄の成熟を重視しながらヴィンテージごとの個性やテロワールをしっかり表現するワイン造りを行っています。
畑の広さは約11haで土壌と環境を尊重し、ビオディナミを取り入れてます。
畑の区画によっては馬で耕作を行い、出来る限り機械は使わないような栽培方法が採られています。
葡萄は畑で選別作業を行いながら手摘みで収穫されます。
醸造所の2階にある除梗機で100%除梗され、1階にある空圧式圧搾機でプレスし、地下のタンクへ葡萄果汁が運ばれます。
この間の葡萄の移送はすべて重力によって行われます。
そして醗酵前に果汁を冷やし、不純物を取り除くための澱引きを密に行います。
醗酵、熟成はステンレスと樽で行われ、純正培養酵母が使われます。
320ℓと620ℓの大きさと型の違う2種類の樽を使用し、澱に触れる面積の違いによって味わいにも違いを出し、これをアサンブラージュします。

このワインは

「アステロイド」は3haをやや超える土地にあります。
アステロイドは、アメリカの枝を接木されていない樹のブドウで作られています。
それは脆弱で永久的な監視が必要です。
実際にはサン=ローラン=ラベイという別の村に近いですが、プイィ・フュメ地帯に含まれます。
土壌は、ルーディアン粘土(chailleroulée)とも呼ばれます。
ぶどう畑の真ん中には、電気を作るのではなく、必要に応じて畑の上に空気の循環を強制する風車があります。
凍結の危険があるとき、ストーブが下に持ち込まれ、風車が暖かい空気をぶどう園に送り込みます。

本で知って以来飲みたかったワインなのですが、Wine Market Partyの試飲会で有料で出ると聞いてマッハ16の速度でチケットを購入しました。

テイスティング

飲んでみたかったワイン上位に入る。
濃い黄金色。
柑橘系、キンカン、スパイスの香り。
リッチ。
酸は程々。
複雑な香りは余韻としてそのまま残る。
飲んでみたいワインがまた1つ消えるのは嬉しいような悲しいような。

飲んだ日:2017-10-14
飲んだ場所:恵比寿ガーデンカフェ
価格:168,000円(当時)
インポーター:フィラディス