飲んだワイン シャトー・ペデスクロー2017 7点

最終更新日

1810年ボルドーの有名なワイン商であったピエール・ウルバン・ペデスクローによって誕生し、戦争で一時期荒廃するも2009年にロレンツェッティ家が買い取り復活を遂げています。

メドック格付けポイヤック5級。

 

ワインデータ

ワイン名:Ch. Pédesclaux
生産地:France > Bordeaux > Haut Médoc > Pauillac
生産者:Ch. Pédesclaux (シャトー・ペデスクロー)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ), Cabernet Franc (カベルネ・フラン)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

200年の歴史を持つシャトー・ペデスクローは、ロレンツェッティ家の指揮のもと、有機的な原則に導かれながら、華麗な変身を続けています。

2009年以来、シャトー・ペデスクローの再生に取り組む人々は、ブドウ畑とワイナリーの両方で、一連の重要な決定を下してきました。
ブドウ畑は再編成され、重要な区画を新たに取得しました。
この土地は現在、環境に優しい方法で栽培されており、まもなく公式有機認証を獲得する予定です。
この包括的な進化は、シャトーとワイナリーのユニークな建築にも表れており、100%重力給餌方式を採用しています。
ジャッキー、フランソワーズ、マノン・ロレンツェッティの唯一の目的は、まさに「最高のワインを造ること」だからです。
技術陣は、雇い主の価値観を共有し、より正確で精度の高いワインを造ろうという決意を共有しています。

ペデスクローでは、ブドウ畑は有機栽培、または一部の区画ではビオディナミで栽培されています。
2009年にロレンツェッティ家がこのドメーヌを取得して以来、土地と環境を尊重することが彼らのブドウ栽培へのアプローチの中心となっています。
畑を再編成し、いくつかの高品質な区画を取得すると、土地を改善するために厳格で持続可能な農法を導入しました。
責任ある環境意識の高い市民として行動し、ワインの風味を向上させるために絶え間ない努力を続けることで、ロレンツェッティ家はポイヤックのテロワールのユニークな特徴を際立たせることができるようになりました。

偉大なポイヤックは、若いうちは必ずしも渋いとは限りません。
これはペデスクローで実証済みであり、チャーミングで多層的なスタイルは、瞬時に魅惑的なものとなります。

ロレンツェッティ家は、この「クラシファイド・グロース」に新たな命を吹き込むという決意のもと、著名な建築家ジャン=ミシェル・ウィルモットという自然な味方を見つけ、この土地の特徴である透明感のある美しさを取り入れた、純粋で気取らないソリューションで応えてくれました。
21世紀のペデスクローの建物は、それ自体が建築作品であると同時に、技術的な成果でもある。
新しい重力式ワイナリーでは、ウィルモットがブドウのアロマを保つためのあらゆる工夫を凝らしています。
ここでペデスクローのテロワールのエッセンスが最大限に表現されるのです。

このワインは

シャトー・ペデスクローは、このアペラシオンのすべての偉大なワインと同様に、そのテロワールを反映した複雑さを備えています。
このモザイク状の土壌では、粘土が力強さを、砂利が純粋なエレガンスを表現しています。
ポイヤックの真髄である深みと、独特の官能性のバランスを体現している。
ヴィンテージを重ねるごとに、優れた区画での丹念な作業が報われ、ワイナリーの革新的な設備によって、ワインは独自の個性を発揮する。
カシス、スミレ、シガーボックスがブレンドされたこのテロワール特有の香りが、年月を経て、物語のような弧を描いています。
力強いアロマとシルクのような繊細なタンニンのバランスを常に保ち、ポイヤックの偉大なテロワールのもうひとつの重要な特徴である保存性の高さを誇っています。

テイスティング

濃いルビー色。
カシス、杉、ミントの香り。
まだフレッシュでタンニンが感じられる。
5年後くらいが飲み頃だろうか。

飲んだ日:2022-11-19
飲んだ場所:雅叙園
価格:9,240円
インポーター:ピーロート

wineninja

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!