東京でワインが持ち込めるお店BYO マンジェ・エ・ボワール NAGAO 銀座一丁目/フレンチ 8点

最終更新日

持ち込みのワイン会で使用しました。

お店は2階にあり、集合までに迷った方もおられましたが、駅からはそこまで難解な道筋ではありません。
きもの屋さんの2階にあります。

急な角度の階段に飲み過ぎた帰りの事を心配しますが、無事帰ってこれました。

内観

お店の名前は「食べて飲んで(Manger et Boire)」という意味。
持ち込み料は2,000円/本。


グラスはリーデル。

今回は6,800円のコース。

アミューズ


たらの芽とポークリエット?
春らしいたらの芽が嬉しい。
苦みがほんのり。

前菜盛り合わせ


自家製サムライオイスターのオイル漬けというのが美味しかった。
カルパッチョはイナダと白魚。
生ハムはラムで、これは珍しい。
確かにラムの臭みがあって好きな人にはたまらない。
穴子は燻しており、かなりスモーキー。

フォアグラ


ぷるぷるフォアグラは濃い白ワインとよく合いました。
脂がしっかりなので結構お腹いっぱいになってきます。

魚料理


この日はスズキでした。
淡白ですが旨味がある。

肉料理


ハンガリー産の鴨と和牛のイチボ。
赤ワインにはしっかり合います。
ナッツを使用したデュカというスパイスも付いています。
肉も美味しいのですが、野菜たちが甘味があってかなり美味しい。

デザート


チョコいっぱいでした。
甘口ワインは用意していなかったのですが、しっかりデザートもあり大満足。

魚や肉のプレートはしっかり温めておりましたし、スタッフの対応は悪くないです。

このお店は

マンジェ エ ボワール NAGAO

個室:無 貸切可(20名以下)
グラス:リーデル
持ち込み料:2,000円(税抜き)
予算:10,000円
オススメ度:8点

関連ランキング:ビストロ | 銀座一丁目駅銀座駅有楽町駅

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!