東京でワインが持ち込めるお店BYO ヘイメル ミヤマス 渋谷/ビストロ 9点

最終更新日

宮益坂にワインが持ち込める素敵なお店があると聞いて訪問してみました。

名前からして道玄坂の方にあるビア・レストランのブルゴンディセ・ヘイメルと同じ系列なんだと思います。
このお店にもセゾン・ビールがボトルメインで色々置いてあります。


持ち込みは税込み3,300円/本で、ブルゴーニュグラスもあるので非常に嬉しい。


スタッフのお髭のお兄様がブルゴーニュ好きとの事で、そういうお店はワインの扱いも信頼がおける。

渋谷駅ダンジョンで遭難しそうになりながらも坂の途中にあるこちらのお店に到着。
神社のすぐ隣のビルなのでそこまで迷わずに行けました。

店内は入ってすぐに巨大なウォーク・イン・セラーがあり、ワインとビールの瓶が所狭しと並んでおります。
照明を少し落とした感じでムーディーであり、実際デートだと思われる男女にも使われていました。
リア充炸裂しろ。

ドリンクメニュー

ブーケンハーツクルーフをオーダーするも欠品。

ラグランジュはヴィンテージによってはほぼ原価ではないであろうか。

Yamabushiなど自然派ビールが結構大瓶には多い。

3,000円からコース料理がありますが、今回はアラカルトでオーダー。

メニュー

シャルキュトリー盛り合わせ1,180円


各料理に関してはしっかりと説明がありますが、私の脳細胞は老化が凄いのでほぼ覚えていません。
美味しかったのは自家製(確かそうだったはず)のハムでした。
肉肉祭りでかなりワインが進んでしまい、これだけでワインが無くなるところでした。

タスマニアサーモンのポワレ1,350円


一時期猛威を振るった瞬間燻製というやつですね。
テーブルで燻製用煙の充満したガラス製のクローシュを開けてくれるサービスです。
外見は完全に火が通っているように見えますが、サーモンの中は低温調理状態です。
半生のような状態ですが、しっかり熱は通って旨味が閉じ込められていました。
付け合わせのトマトが更に美味しさアップに貢献していました。

本日の自家製ソーセージ1,130円~


これもちゃんと今日のソーセージが何か説明してくれたと思うのですが右から左へ。
ピリ辛の逞しいソーセージで、パリパリの皮と中の脂がジューシー。

熊本県産えこめ牛ランイチと野菜の炭火焼3,500円


火の通りも悪くない食べ応えのある牛さん。
ご同席を願ったレディはお腹がいっぱいのご様子でしたが、肉食獣の我々爺共はガツガツと頂きました。
歯ごたえもあって美味しいです。

ベデル・セラーズ/メルロ ノース・フォーク・オブ・ロング・アイランド2017 5,980円

お店で頼んだ赤ワインは若かったですが、肉にはよく合いました。

スタッフの動きが良く、お店にあるワインはリストにありながら欠品になっているものもありましたが、異性と同じでワインとの出会いは時と運ですのでしょうがない。
今回は飲みたいワインとは縁が無かったのでしょう。

デートに使っていると思われるお客が非常に多かったので、雰囲気も良くグラスの揃えも良いのでまた来たいと思わせてくれました。

このお店は

ヘイメル ミヤマス

個室:無
グラス:ペレル
持ち込み料:3,300円
予算:8,000円
オススメ度:9点

関連ランキング:ビストロ | 渋谷駅表参道駅神泉駅

wineninja

3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!