食べ歩き 阿佐谷ホープ軒 阿佐ケ谷/ラーメン 6点

かれこれ何度目かの訪問になるのかホープ軒

戦後の「成華公司」という店名から「ホープ軒本舗」になり現在は創始者の次女が正式な暖簾分けでやっている阿佐ヶ谷店。
大阪にもあったなと思ったらあれは「希望軒」という似て非なるものだった。

店内はカウンターのみ。

メニュー

ラーメンが出されると現金を払う方式。

ホープ軒 中華そば 700円


ここはいつもの様に学食で食べた豚骨ラーメン…そう、あれみたいな味です。
学食ラーメンといえば良いか、豚骨の臭みをものともしないラーメン。
とにかくホープ軒でしか出せない脂の風味。
豚クサイ。

周りはキムチラーメンを頼んでいましたが、着丼と共に1人はそこにお酢を3周BUKKAKEけ始め、BUKKAKEは日本の文化とはいえ、いきなりすぎて驚く。

これが常連の安定した食べ方か。

若干、それに引きつつも食しますが、冒頭の説明通り、いつか食べたホープ軒の味だった。
酢をかけてしまったら味が壊れて味気ないんだろうなー…と考えてたら結局自分も脂に耐え切れず無意識のうちにお酢を1周。

出てる調味料をありたけ、気にせずBUKKAKEできる気軽さは◎ということか。

このお店は

関連ランキング:ラーメン | 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!