• 日々お酒の事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインとビールの事や、食べ歩いたお店を書いていきます。増税前の値段の場合もありますのであしからず。

地元民に一度は行けと言われて訪問したのが甚五郎

うどんは安いですが、蕎麦は高いというのが東京のイメージですがそれは間違っていません。
場所代などもあるので悪いとは言いませんが千円出してもこぶし大程度の蕎麦しか出ない店もいっぱいあります。

外観は昭和。
店内の飾りつけも昭和です。

メニュー

特盛り200円課金(計950円)でうどん1kgとかあります。
ちなみにその場合蕎麦は900gで980円。
そんなに量はたべられませんが、蕎麦もうどんも美味しいと話には聞いていたので両方食せる合盛り860円をチョイス。

合盛り860円

スープは(豚)肉か鴨肉をチョイスできましたので鴨肉に。


鴨肉がゴロゴロ入っています。
味に飽きて来たら卓上の七味を投入。

出てきた麺は圧力があります。
還暦をとうに過ぎた自分にこれをこなせるのかは不安でしたが、まずはうどんから。
向こうはラーメンですが麺と未来を思い起こす太麺。
小麦の味が凄い。
でも悪くない。

蕎麦は黒め、そば粉いっぱいのザラザラ麺です。
こういう麺は都心で食べたらかなりの課金を要求されます。
そばを食べている感じがして非常に良い。

麺の欲張りセットは最高です。
3,500円、3,800円の飲み放題宴会コースでは〆に肉うどんが出てくるという…
フードファイターじゃないと無理ですね。

刃牙作者の色紙もあって守護い。
板垣組が来ていたのかッッッッ!

このお店は

国分寺 甚五郎

関連ランキング:うどん | 国分寺駅


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!