ビール 田沢湖ビール(わらび座)/ブナの森

「瑠璃色の伝説」こと田沢湖ビールですが、現在は女性像からナマハゲという存続が危ぶまれている祭りの代名詞とも言えるクリーチャーのイラストになっています。

実際にはナマハゲは神の使い…使徒!だそうです。
ちょっとエヴァっぽい感じですね。

 

ビアデータ

ビール名:TAZAWAKO BUNA NO MORI
生産地:日本 秋田県仙北市
生産者:WARABI-ZA Co.
アルコール:5%
IBU(苦さ 平均15~20):17
モルト:
ホップ:
タイプ:ゴールデンエール
価格:560円

ブリュワリー

田沢湖ビールの始まりは、1994年に酒税法が緩和され、ビールを醸造するための免許取得に必要な年間最低製造量が、2,000klから60klまで引き下げられたことに発します。この規制緩和に秋田県で初めて注目し、行動を開始したのが秋田県仙北市にある、「株式会社わらび座」です。
そもそも「株式会社わらび座」とは、民族伝統をベースにした現代的な舞台作品で全国公演している劇団「わらび座」としてスタートし、1953年から秋田県田沢湖町(現仙北市)に本拠を置いて活動しています。1974年に「わらび劇場」を建設。その後、温泉宿泊施設「温泉ゆぽぽ」もつくり、自然と文化の中で、心も体もリフレッシュできる場として「たざわこ芸術村」を設立し、様々な文化活動を続けております。その一環として、地ビールも「新しい文化の創造」という視点から大変魅力がある、ということで検討に入ったのです。そして、3年間の準備期間を経て、1997年秋田県第一号の地ビールとして「田沢湖ビール」が誕生しました。

このビールは

日本で唯一、ぶなの天然酵母使用 森林浴のようなやさしさ
森林浴を感じさせるような優しい香りと味わいが特徴で、飲みやすくたくさんの方に愛されているビールです。
甘味がありながら、後に残らずスッキリ飲みやすく、女性からも多くの支持をいただいております。
発酵に多くの時間と労力のかかる天然酵母で美味しいビールに仕上げようと知恵を振り絞った、工場長の想いがつまった最高の逸品です。

テイスティング

ブラウンがかった黄金色。
ダンク(ホップからくるマリファナ様香)ではない薬草の香り。
スッキリした味わい。
麦の後味。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!