ビール モクテズマ/ソル

メキシコと言えばこのビール。

しかし思ったよりもガチの薬草系の香りでいまいち自分の好みではなかった。
多分メキシコで飲んだら美味しいビール。

 

ビアデータ

ビール名:SOL
生産地:メキシコ
生産者:Cervecería Cuauhtémoc Moctezuma
アルコール:4.5%
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:
ホップ:
タイプ:アメリカンラガー
価格:330円
インポーター:アイコン・ユーロパブ

ブルワリー

セルベセリア・クアウテモック・モクテズマは、1890年に設立されたメキシコのヌエボ・レオン州モンテレーに本拠を置く大手ビール会社です。
ハイネケン・インターナショナルの子会社である。

同社は、モンテレイ、グアダラハラ、トルーカ、テカテ、オリサバ、そして2017年からはメオキに醸造工場を運営しています。
これらの工場では、とりわけ「ドスエクイス」、「ソル」、「ボヘミア」、「スペリオール」、「カルタブランカ」、「ノチェブエナ」、「インディオ」、「カスタ」、「テカテ」といったブランドを生産しています。
年間生産量は3.09GLです。

クアテモック醸造所は、1890年にホセ・A・ムグエルサ、フランシスコ・G・サダ・ムグエルサ、アルベルト・サダ・ムグエルサ、アイザック・ガルサ・ガルサ(フランシスコとアルベルトの義理の兄弟で、妹のコンスエロ・サダ・ムグエルサと結婚)、ジョセフ・M・シュナイダーによってモンテレイに設立され、資本金は15万ペソで、カルタブランカブランドからスタートしました。
クアウテモック醸造所は、1893年に最初のビール樽を製造し、シカゴとパリの万国博覧会で1等賞を受賞しました。
セルベセリア・モクテズマは、ポルフィリアート(19世紀後半から20世紀初頭にポルフィリオディアス将軍がメキシコを大統領として統治した時期に付けられた用語)末期にドイツ人醸造家ウィルヘルム・ハッセによってオリサバの近くに設立されました。

1909年セルベセリア・クアウテモックは垂直方向の拡張を開始した。
ガラス瓶を提供するために、1909年にヴィドリエラ(後のビトロ・グループ)社が設立された。
箱、ボトルキャップ、包装材を製造するために、1900年にファブリカス=カートン・モンテレー社が設立された。
1929年、醸造所用の麦芽を生産するために、マルタ社が設立された。
ダンボール箱部門は、やがてティターン社となる。

1910年に始まったメキシコ革命の際、オリジナルの創業者たちはビクトリアーノ・ウエルタを支持した。
その結果、彼のライバルであるベヌスティアーノ・カランサが醸造所を接収したため、創業者の家族はテキサスに逃れました。
その後、アメリカとロシアの外交官が介入して醸造所を再取得しました。

1918年、クアウテモック協会が設立され、労働者の家族に医療・教育サービスを提供し、最終的にはストライキを避けるための福祉システムを提供することを目的とした。
1907年には1日の労働時間が12時間から9時間に短縮された。

1936年までに、ガルサ、カルデロン、サダの各家とその関係者の持ち株は、クアウテモック(ビール工場)グループとヴィドリエラ(ガラス工場)グループの2つに分けられました。
この年、一族の所有物は再編成され、かつてクアウテモックが所有していた企業、特にセルベセリア・クアウテモックとファモサの株式の大部分を支配する持ち株会社として、ヴァロレス・インダストリアレスS.A.(VISA)が設立されました。

20世紀のセルベセリア・クアウテモック・モクテズマ社は、ホセ・カルデロン・ムグエルサと、エウジェニオ・ガルサ・サダ(1973年にメキシコ左翼ゲリラによる誘拐未遂で暗殺)とロベルト・ガルサ・サダのガルササダ兄弟が社長を務めていた。
1943年、会社役員のエウジェニオ・ガルサ・サダは、兄やその他の著名人とともにモンテレイ技術・高等教育機関(ITESM)を設立し、1973年には本社跡地にメキシコプロ野球の殿堂が開設された。

エウジェニオ・ガルサ・サダが暗殺された後、セルベセリア・クアウテモック・モクテスマの持ち株であるVISAは2つのユニットに分割された。
VISAとインダストリアル・アルファ・グループである。
アルファはヒュルサと現金を受け取り、ビザは醸造所事業とロンドレス銀行とその関連機関の株式を保持した。
セルベセリア・クアウテモック・モクテスマのCEOにはエウジェニオ・ガルサ・サダの息子であるエウジェニオ・ガルサ・ラグエラが、アルファのCEOにはロベルト・ガルサ・サダの息子であるベルナルド・ガルサ・サダが就任した。

1981年に原油価格が下落すると、借金でまかなっていたメキシコの好景気は突然ストップしてしまった。
翌年、VISAは10億ドル以上の負債を抱え、連邦政府はVISAが77%の株式を保有していた国内第3位の銀行であるバンカ・セルフィンを国有化した。
国有化されなかったセルフィン・グループの無預金銀行と関連金融会社は、ヴァローレス・デ・モンテレー(Vamsa)という新しい金融サービスグループに再編された。
Vamsaの生命保険子会社セルジオス・モンテレーは、メキシコで最大の規模を誇っていた。

1985年のモクテスマ醸造所の統合により、「ドスエクイス」「スペリオール」「ソル」「ノチェブエナ」のブランドが「カルタブランカ」「テカテ」「ボヘミア」「インディオ」のブランドに加わりました。

1988年フォメント・エコノミコ・メキシカーノS.A. de C.V.が、ビール会社などを含むVISAの主要子会社として設立された。
1994年、FEMSAはカナダのジョン・ラバットLtd.にビール事業の株式22%を売却し、ラバットとは米国での両社の提携に合意した。
1998年、FEMSA社はVISA社の後継会社となった。
2010年1月11日、オランダのビール会社であるハイネケン・インターナショナルが、クアウテモック・モクテスマ醸造所を含むFEMSAのビール事業を買収すると発表した。

このビールは

「ソル」とい名前の由来は、1899年のある朝にドイツ人の醸造マイスターが醸造タンクに沈む太陽の光に感銘を受けてこのビールを “El Sol” (スペイン語で「太陽」 の意)と名付けたのがはじまりと言われています。
以来、お馴染みのソル ビールは、苦味が少なく、クリアで爽やかな味わいのメキシコのプレミアム・ビール・ブランドとして愛飲されています。

テイスティング

薄い黄金色。
外国ビールによくある粉っぽい香り。
薬草感がある。
複数のホップによるダンク(マリファナ)香ではなく、本当の薬草。
開けたては謎のフルーツ香があるが、すぐに消える。
飲みやすい…のか?

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!