• 日々お酒の事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインとビールの事や、食べ歩いたお店を書いていきます。増税前の値段の場合もありますのであしからず。

南ドイツで発展した濃い色合いのボック。

意外に酸味を感じる味わいでした。

ビアデータ

ビール名:UMENISHIKI BOCK
生産地:日本 愛媛県四国中央市
生産者:UMENISHIKI YAMAKAWA Co.
アルコール:7%
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:
ホップ:
タイプ:
価格:539円
インポーター:

ブルワリー

1872年(明治5年)に山川由良太(ゆらた)が個人として創業。
1954年(昭和29年)に山川酒造合資会社として設立。
1991年(平成3年)には株式会社に改組し、梅錦山川株式会社となった。
1995年(平成7年)に地ビール製造の免許を取得し、「梅錦ビール」の販売を開始。
1996年(平成8年)に周桑郡丹原町(現・西条市丹原町)に、梅錦ガーデン丹原麦酒醸造所をオープン(2005年(平成17年)に閉鎖)。
2016年(平成28年)3月30日、同年3月24日に神戸市の酒造メーカー白鶴酒造が発行済みの株式を100%取得し同社の完全子会社となったことを発表。社長は前白鶴酒造販売企画部長の藤原康展で、創業家の山川浩一郎は相談役となる。理由は当時創業家の5代目社長であった山川浩一郎に後継者がいないためであり、コンサルタント会社と相談して事業承継する企業を探していた中、白鶴酒造による子会社化の話が持ち上がった。社名・ブランド名はそのまま残し、関係者約20人の雇用は継続する

このビールは

焙煎モルトの香ばしさに包まれる高アルコールの黒ビールです。
焙煎の度合いの異なる数種類のモルトを加えることによって生まれる深みのある香りと、甘くて香ばしい味わい。
アルコール度数7%を超える強いコクが口の中に広がります。
じっくり味わうことで、より一層お楽しみいただけます。

テイスティング

非常に濃いブラウン。
ロースト香。
色の割に苦味程々。
酸を少し感じる。
アタックにも酸がある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!