ビール ソーンブリッジ×ファイアストーン・ウォーカー/ポンデラ

イギリスのソーンブリッジとアメリカのファイアストーン・ウォーカーのコラボビール。

青々とした生臭いホップの香りが印象的。

ビアデータ

ビール名:PONDERA
生産地:イギリス×アメリカ
生産者:THORNBRIDGE × FIRESTONE WALKER BREWING Co.
アルコール:6.7%
IBU(苦さ 平均15~20):50
モルト:
ホップ:Idaho 7, Mosaic, Cashmere, El Dorado, Simcoe
タイプ:IPA
価格:650円
インポーター:ナガノトレーディング

ブルワリー

ソーンビリッジ

ソーンブリッジの物語は2005年にソーンブリッジ・ホールの敷地内で中古の10バレル・キットでビールを醸造する為の応募に2人の若い醸造者である創業者ジム・ハリソンとサイモン・ウェブスターが立候補したときに始まりました。

ホール醸造所はソーンブリッジ・ホールの別棟にあり、100エーカーの敷地内の美しい庭園に囲まれています。
建物は、醸造所の設置に備えて2004年に改装されました。
ジム・ハリソンとサイモン・ウェブスターの2人の若い醸造家が募集し、醸造のキャリアをスタートさせようとしました。
彼らの最初の醸造酒は、4%の古典的な苦味があるロード・マープルズでした。

次に、彼らは少し違うもの、フレーバーとアルコール度数の両方の点でパンチを詰めたIPAを醸造することを任されました。
2005年半ばにジャイプールが生まれました。
アメリカのホップを詰め込んだ5.9%のIPAで、当時のビール業界では他に類を見ません。
数々の賞と全国的評価を受けて、ジャイプールでソーンブリッジを脚光を浴び、需要が供給を上回り、新しい醸造所への投資の必要性が明らかになりました。

2009年には、需要に応えてソーンブリッジがさまざまなビールを開発できるように、ベイクウェルの川沿いに最新の醸造所が建設されました。
ソーンブリッジ・ホールのオリジナル・キットでは現在も醸造が行われているため、新しい醸造の実験、特注のホール醸造の作成、コラボレーション、およびベークウェルの主要醸造所の支援を行うことができます。

ソーンブリッジ・ビールは全国に供給され始め、輸出貿易が発展していきました。
当初はイタリアでしたが、最近追加されたブラジルを含む世界35か国以上で、他の南米諸国での貿易の可能性が広がりました。
国内外での貿易の増加により、2009年から今日までに3つの施設拡張が行われました。

ソーンブリッジは、さらなる施設拡張を検討しており、現在のタップ・ルームとオフィスを新しいユニットに移動して、2019年に缶詰ラインを可能にします。
2020年の夏に向けて、小売エリア、大規模なバー、食品売り場での要望を募集しています。

ソーンブリッジは常に情熱を持って最高品質のビールを醸造してきました。
品質だけでなく、一貫性と革新性が驚くほど美しくバランスの取れたビールを作るための鍵であることを認識しています。
「クラフト」ビールの重要な伝統を尊重しながら、常に境界を押し広げることで、世界中のお客様に愛されている数々の受賞歴のあるビールを作ることができます。
業界で認められた350以上の賞を受賞し、このようなエキサイティングなクラフト・ビール・シーンに参加できたことを誇りに思っています。

ファイアストーン ウォーカー

興味深い兄弟…
…彼らは物事を昔ながらの方法で解決する。
義理の兄弟の試みであり彼らは2人で醸造所を動かしている。
アダム(熊)とデビッド(獅子)は時折神話の様に争うかもしれませんが、少なくともどちらもビールへの壮大な愛の為です。

2人を表す熊と獅子が醸造所のマーク。

1996年に義理の兄弟アダム・ファイアストーンとデビッド・ウォーカーによって設立されたファイアストーン・ウォーカー・ブリューイング・カンパニーは、カリフォルニアの海岸に位置する先駆的な地域のクラフトビール醸造所です。
パッソ・ロブレス(カリフォルニア州南部サンルイスオビスポ郡)にある最新のビール醸造所では、象徴的なペール・エールからヴィンテージの樽熟成ビールまで、幅広い種類を揃えています。
ブエルトン(カリフォルニア州サンタバーバラ郡)にあるバレル・ワークス施設は、風変わりな野生エールを製造しています。
一方、イタリアのヴェネツィア州にあるプロパゲーター・パイロット醸造所は、研究開発用ビールを専門としています。
2015年には、他の家族経営の醸造所であるデュベル・モルトガットと共同で、今後20年以上に渡る道を切り開きました。
セントラルコーストに根を下ろしながら、地域社会や景観への取り組みを反映した、持続可能な数多くの実践を実践しています。

このビールは

このビールは、非常に尊敬されている2つの醸造所のエキサイティングなコラボレーションの結果です。
キウイ、パッションフルーツ、グアバのさわやかな苦味とフレーバーを備えた、素晴らしく飲みやすい西海岸のIPAを期待してください。

テイスティング

薄々濁り黄金色。
少し青々としたホップの香り。
苦味は程々。
すっきりとした味。
後味もすっきり。
少し特徴のある味わい。
後半ホップの青々感と苦味が急増。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!