ビール コロナド・ブリューイング × ピザポート・ブリューイング/ノース・オブ・ザ・ピア

米国カリフォルニア州のサンディエゴにあるコロナドピザポートのコラボビール第2弾。

第1弾と同じようにトロピカルな香り。
苦味がしっかりで飲みごたえがある。

ビアデータ

ビール名:NORTH OF THE PIER
生産地:アメリカ カルフォルニア州サンディエゴ
生産者:CORONAD BREWING × PIZZA PORT BREWING
アルコール:6.5%
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:
ホップ:Mosaic, Amarillo, CTZ, Loral
タイプ:IPA
価格:700円
インポーター:ウイスク・イー

ブリュワリー

コロナド・ブリューイング

1996年にコロナド島のビーチタウンのビア・パブへの扉を開いたとき、そのお店が友人達にとって素晴らしいビール、おいしい食事そしてゆったりとした雰囲気を楽しむことができるような場所であることを望みました。

受賞歴のあるビールは現在、西海岸から東海岸までどこでも飲めますが、家族経営のビール醸造所の精神は変わりません。
サンディエゴのルーツからインスパイアされた、工芸への情熱を共有し、沿岸の雰囲気を大切にしています。

1996ロン兄弟とリック・チャップマン兄弟は長い間の夢を実現し、8月30日に故郷のコロナドの中心部に地ビールを開くという大きな意味でクラフト・ブリュー・カーブを先導して開きました。
クラフト・ブリューイングのパイオニアである彼らは、当時サンディエゴで行われていた5つの業界のうちの1つのにいました。
彼らは、10-bbl醸造所、10-bbl発酵槽、10-bbl給油タンクの独自の醸造システムを使用しました。

1998年CBCビールに対する地元の小売業の関心が浮上し始め、販売促進の取り組みが始まります。
コロナド・ゴールデンの1樽目がホテル・デル・コロナドに売却されました。

2004年アリゾナ州レイクハバスのマッド・シャーク・ブリューイング社から購入したメヘーン・ボトリング・ラインでボトリングを開始。
最初のビール瓶詰め:コロナド・ゴールデン、マーメイドズ・レッド、アイランダーIPA、ポイント・ロマ・ポーター。

2006年コロナド・ブリュー・パブの広さを増やし、ブリューワーの容量を増やしました。
年間生産量を4〜5,000バレルに押し上げ、20バレル発酵槽を追加。

2012年サンディエゴのテコロテ渓谷地域の本土にある22平方フィートの建物に、30ポンドの醸造所と新しい瓶詰め施設で生産能力を拡大しました。
ノックスビルの生産施設は、最終的に年間容量6万バレルに十分なスペースを提供しました。

2014年CBCは「アイランダーIPA」で「世界ビール・カップ・チャンピオン・ベスト中規模ビール醸造所」の称号を授与され、22の流通需要を満たすために4つの240-bbl発酵タンクを追加して醸造所の拡大を続けています。
22州と6カ国。
コロナドは、最南端のビーチシティ、インペリアル・ビーチ、カリフォルニア州で3番目の醸造所を開きます。

2016年20年にわたるビール賞受賞後、コロナドは缶のラインナップを発表し、それが彼らの新しいブランディングの始まりを迎えます。

ピザ・ポート・ブリューイング

1987年3月、20代の兄弟であるジーナとヴィンス・ヴィンス・マルサグリアは、サンディエゴのすぐ北にある、静かな海岸沿いの町ソラナビーチにある苦労するピザ屋を購入しました。
早い段階で、彼はレストランの保管エリアの空きスペースを利用して、自家醸造に手を出しました。
趣味からはじまり、友人やファンからの強い要望を受けて、ヴィンスとジーナは地ビール事業に入ることにしました。
ピザポートは、1992年に最初のクラフト・ビールを常連客に提供し、サンディエゴの成長するクラフト・ビール・シーンですぐに評判を得ました。

ソラナビーチのロケーションでの成功に続き、会社は着実に拡大していきました。
ロケーション2は1997年にカールスバッドにオープンしました。
ロケーション3は、2003年にサンクレメンテにオープンしました。
2008年に、カールスバッドの場所に隣接してプレミアム・ボトル・ショップが追加されました。
ここには、クラフト・ビール・コミュニティの他の醸造所からの数百のビールがあります。
ロケーション4は2010年にオーシャンビーチにオープンしました。
そして最近では、ロケーション5が2013年にカールスバッドのブレッシランチ・コミュニティにオープンし、ピザポート・ビールがサンディエゴ郡の店で買えるように缶詰ラインを導入しました。

これまでのところ、醸造所は、グレート・アメリカン・ビール・フェスティバルで合計91以上のメダル/賞を獲得しており、醸造者にユニークで受賞歴のあるビールを作るよう奨励しています。
スタッフ全員が最高の顧客体験を提供するために一生懸命働いています。

次は何をするのか完全にはわかりませんが、素晴らしいビールを作り続け、素晴らしいピザを作り、新しい友達を作りたいと思っています。
過去30年間に見たすべての成長と変化を通じて、情熱とマントラを推進し続けているものはまだ真実として残っています。

このビールは

ノース・オブ・ザ・ピアは、コロナド・ブリューイングCoの長年の友人たちとのコラボレーションの第2弾です。
このIPAは、北半球のホップをたっぷり使って、湿ったアロマとフローラル・アロマを重ねたトロピカル・フルーツと柑橘類の皮の風味を添えています。
滑らかで簡単な仕上げで覆われたこれは、桟橋(および他のピア)とその向こう側に元気を広げるのに最適なIPAです!

テイスティング

明るい黄金色。
甘い桃、メロン、トロピカルフルーツの香り。
苦味は程々…かと思ったら結構強い。
そして余韻が長い。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!