ビール サーリー/ワンマン モッシュピット

最近ナガノトレーディングが色々と入荷しているサーリー

濁りがしっかりで、味わいもモヤっとした感じ。
苦味などが濁りの彼方へ…

ビアデータ

ビール名:ONE MAN MOSH PIT
生産地:アメリカ ミネソタ州ミネアポリス
生産者:SURLY
アルコール:7.2%
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:Golden Promise,Carafoam,Unmalted Wheat,Flaked Oats
ホップ:Amarillo,Citra,Mosaic
タイプ:ニューイングランドIPA
価格:1,200円
インポーター:ナガノトレーディング

ブルワリー

サーリー・ブルーイングCoの創設者であるオマール・アンサリーは、1994年から自家醸造を続けていました。
ミシガン州のニュー・ホーランド・ブルーイングで見習いをし、ミネアポリスのロックボトム醸造所のトッド・ハーグを雇った後、サーリー・ブルーイングはブルックリンセンターで醸造を始めました。

2011年2月、レストランとビアガーデンを開店する予定であると発表しました。
新しい施設では、醸造能力も約10万バレルに増加します。
しかし、このタイプの設備はミネソタ州の酒類法と一致していませんでした。
ビール醸造所のビールのファンであるサーリー・ネーションの助けを借りて、ミネソタ州議会の一部のメンバーは、それを可能にするための酒類法変更を提案しました。
ミネソタ州の3層の酒類販売システムでは、醸造所が醸造所のように小売りのためにビールを配布し、醸造所の敷地内で販売することはできません。
ほんの数か月後、提案されたブリューパブで消費するためにビールを販売することを許可するミネソタ州の酒類法変更は、ジェニファールーン下院議員と上院議員リンダシャイドの尽力で「サーリー・ビル」として知られるこの法案は、2011年5月25日にマークデイトン知事によって改正書類に署名されました。

サーリーは2013年4月にミネアポリスのプロスペクトパークにある3.4haの土地を2,000万ドルで購入しました。
彼らの新しい醸造所とタップルームは、2014年12月にオープンしました。

このビールは

醸造対象:スペードのエース、ドキュメントの準備、独自のシーンの開始

アマリロ、シトラ、およびモザイクのドライホッピングのばかげた線量は、ほつれの上にこのIPAを巻き上げます。
ジューシーで濁っていて、頭の中の音楽にぴったりのサウンド・トラックです。
輪になって走り、自分を自由にします。

テイスティング

明るいミルクセーキ色。
粘度高め。
少し青い柑橘系の香り。
苦味はほぼ無い。
濁り系のまったり味わい。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!