ビール リヴィジョン/オール・トゥギャザー

最終更新日

商品名のAll Togetherはコロナ感染症拡大のため休業を余儀なくされている飲食業界を救うためのプロジェクト。

売上の一部を飲食店経営者やスタッフに寄付するというもの。
ビールのレシピは公開されていて、全世界の醸造所で再現することできます。
日本でも多くの醸造所が発売している模様。
どっかで見たことあるユニコーンだな…

ビアデータ

ビール名:ALL TOGETHER
生産地:アメリカ ネバダ州
生産者:REVISION
アルコール:6.5%
IBU(苦さ 平均15~20):35
モルト:
ホップ:Mosaic、Cascade、Simcoe
タイプ:ノースイースト・ニューイングランドIPA
価格:1,100円
インポーター:ナガノトレーディング

ブリュワリー

リヴィジョン・ブリューイング・カンパニーは、ニー・ディープ・ブリューイング・カンパニーの創設者で元醸造長であるジェレミー・ウォーレンが、創造性と卓越したクラフトビールの新たな道を追求することを選択したときに結成されました。
2009年ジェレミーは自家製のキットを使い、ネバダ州リノの彼のガレージでビールを醸造し始めました。
数回のビール競技参加の後、彼はニー・ディープ・ブリューイング・カンパニーという名前で自作醸造に参入し始めました。

2010年ジェレミー・ウォーレンはプロの醸造としてキャリアを追求することを決心し、商業レベルに彼を引き上げる事を手伝うことができる投資家と提携しました。
彼らは一緒にニー・ディープ・ブリューイング・カンパニーをカリフォルニア州リンカーンに移し、そこでジェレミーは古いビアマンズ・ブリュワリーからビールを醸造し始めました。

彼は素晴らしかった…本当に素晴らしかった。
ビール・ファンは、ビストロ第12回ダブルIPAフェスティバルで大人気ビールの「プリニー・ジ・エルダー」よりも高評価だった彼を「プリニー・キラー」と見なしました。
注がれたときにバーの向こう側からも香るロシアン・リヴァーのプリニー・ジ・エルダーは、彼の質の高いIPAをさらに上質のIPAにするときにジェレミーに影響を与えたビールでした。
それゆえ、これは彼が受けることができる最もいいニックネームであると想像することができます。
醸造所はすぐにリンカーンの広さでは足りなくなり、カリフォルニア州オーバーンのより大きな施設に拡大しなければなりませんでした。

ジェレミーは、ニー・ディープのガレージでのスタートアップから国内生産施設までの成長を果たしましたが、彼が最初にニー・ディープ・ブリューイング・カンパニーを設立したときに醸造しようとした多様なビール・ポートフォリオを追求することができませんでした。
2015年7月、ジェレミーはニー・ディープ・ブリューイングとは別の方法でリヴィジョン・ブリューイング・カンパニーを設立し、そこで独自のビジョンを実行することを決定しました。
改訂ビール醸造所およびタップルームは2017年3月23日に正式にオープンしました。

このビールは

オール・トゥギャザー・ワールド・コラボレーションは、モザイク、カスケード、シムコーのホップで醸造され、タンジェロ(ミカンとグレープフルーツの交雑)の皮とマンゴーにほんのりフローラルなブーケを添えています。
私たちが集まるのを手伝ってくれるおもてなしにあふれる人々を助けるために愛情を込めて醸造されました。
社会的な生き物であることを可能にする人々のためにです。
一緒に生きています。
この信じられないほどのコラボレーションを開始してくれたアザー・ハーフ・ブルーイングに乾杯。
COVID-19の影響を受けたホスピタリティ・プロフェッショナルをサポートする醸造所が地元の組織に還元できるように、世界中でプラットフォームを作成しています。
缶と蓋を寄付してくれたベルリン・パッケージング社と、このビール醸造用のカスケード・ホップを寄付してくれたブルワーズ・サプライ・グループに特に感謝します! 。

テイスティング

ミルクセーキ色。
青いホップと松ヤニの香り。
粘度が高い。
濁り感が強く、松ヤニの味わいがかなり緩和。
苦味はそれほど強くない。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!