ビール ストーン ブリューイング/エンジョイ バイ 07.04.20 IPA (2020年5月28日~)

日本に到着して、発売後から賞味期限たった1週間(米国では37日)という日本ではまさに幻のビール、ストーンエンジョイ バイ 07.04.20

毎年発売と同時に売り切れる大人気ビールですので、見かけたら即購入しないとマッハで売り切れます。
アメリカ独立記念日に合わせているので2019年からこの時期のエンジョイ・バイはアメリカ国旗仕様。

ビアデータ

ビール名:ENJOY BY07.04.20 IPA
生産地:アメリカ
生産者:STONE BREWING
アルコール:9.4%
IBU(苦さ 平均15~20):90
モルト:
ホップ:Nugget,Super Galena,Simcoe,Delta,Target,Amarillo,Cascade,Galaxy,Citra,Nelson Sauvin,Motueka & Helga
タイプ:ダブルIPA
価格:770円
インポーター:ナガノトレーディング

ブリュワリー

ストーン・ブリューイングは、ビール愛好家/自作醸造家のスティーブ・ワグナー(ストーンの社長および元醸造長)と、ビールオタク/ロックンロールの起業家グレッグ・コッチ(ストーンの重役)のコラボレーションとして始まりました。

スティーブとグレッグは、もともと1989年にロサンゼルスでお互いに音楽業界で働いていたときに紹介されました。
スティーブのバンドは、まさにグレッグが新しくオープンしたリハーサルスタジオで部屋を借りることになりました。
その出会いは短く、そして数年後にビールの熱狂的な運命が彼らをUCデイビスの「ビール官能評価」という週末のクラスに導いたときまで、彼らは再び遭遇することはありませんでした。
その日の朝、グレッグはスティーブを覗きながら「どこかで見たことがあるぞ?」と考え、スティーブは休憩中に歩いていき「君はグレッグじゃないか?」と言った。
クラス終了後、ビールに関してスティーブとグレッグは彼らがクラフトビール革命の一部であることへ激しく意見を交換しました。

次の3年間、スティーブとグレッグは定期的に集まり、ビールと醸造について話し続けました。
アメリカのビールを飲む人の専制的な抑圧を黄色い炭酸ビールメーカーの手に委ね、アメリカの新興クラフトビールの努力を称賛した結果、唯一の結論が明らかになりました。
そう、彼らは自分たちのビール醸造所を開かなければならないという事です。

スティーブの醸造についての知識とグレッグのこれまでのビジネスの成功により、これら2人のビール狂信者たちは、新しいステンレス鋼醸造船に必要な資金を集めることができました。
長い検索の結果、新しく結成されたチームは、サンマルコスでストーン・ブリューイングに最適な場所を見つけ、7月26日にリボンをカットして最初のビールをタップしました。
信じられないかもしれませんが、レポーターとテレビのカメラがビール醸造所の1周年記念日をカバーするために現れたとき、グレッグは緊張し過ぎてインタビューを台無しにし、そしてそれは放映されませんでした。

それ以来、ストーン・ブリューイングは大きく成長しました。
同社の成長はそれほど大きくはないですが、安定しており、それでも変わらなかったのはストーンの中核的価値観であり、クラフトビールの限界を押し広げたことです。
どちらもストーンが生まれてから何年にもわたって実現してきた拡張プロジェクトの重要な要素です。

このビールは

このバージョンのストーン・エンジョイ・バイIPAでは、「フィルターを常に使っているわけではないビールが必要なのか」と考えました。
行程をスキップして、この破壊力のある新鮮な黄金色のダブルIPAをフィルターにかけないようにすることで、ビールは濁った外観になり、桃とトロピカルフルーツのホップの香りが強くなります。
そんな風に聞こえるかもしれませんが、このスキップした行程は失敗ではありませんでした。

他のエンジョイ・バイIPAシリーズと同様に、このバージョンは特別に作成されています。

今回は私たちの通常バージョンのストーン・エンジョイ・バイIPAと非常に似ていますが(結局同じレシピです)、ビールをろ過しないままにしておくと、ホップの香りに知覚できる変化が生じます。
フィルター処理されたバージョンよりも果実味があり、ダンク(ビールでよく使われるマリファナの様な香り)と果実のバランスがよりよくなります。
ビールのフィルタリングに慣れているので、醸造するのは少し難しいですが、元のバージョンとほとんど同じホップ強度の楽しいビールです。

テイスティング

アンバー色。
庵フィルターとの事ですが、思ったよりも濁っていなく、むしろ澄んでいるようにも感じられた。
樽生の後半を飲んだらもっと濁りが感じられるかも。
少し青いホップの香り。
苦味は強い。
松ヤニ、アルコールを強く感じる味わい。
ストーンフルーツ感はないまま終わってしまった。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!