飲んだワイン シャトー・タイヤック/キュベ・ロゼ2019 7点

最終更新日

ボルドーには同じ名前のワイナリーがある様で、そちらばかり検索には引っ掛かりますが、どうやらこちらは小さいシャトーの様です。

特徴は少なめのロゼ。

 

 

ワインデータ

ワイン名:Cuvée Rosé
生産地:France > Bordeaux > Haut Médoc
生産者:Ch. Tayac(シャトー・タイヤック)
品種:メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン
スタイル:Rose Wine

ワイナリー

1936年に原産地統制名称に認定されたコート・ド・ブールのブドウ畑は、紀元2世紀にまで遡り、ジロンド川とドルドーニュ川の右岸に位置しています。
ボルドーから35kmのところにある3,400haのブドウ畑は、15のコミューンにまたがっています。

丘陵地と渓谷からなる起伏に富んだ地形と、他の地域よりも日照時間が長く、雨の少ない気候が特徴である。

メルロー、マルベック、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランをベースにした赤ワインは、フルーティーで温厚な気質を持ち、ますます多様なスタイルで生産されています。
セミヨン、ソーヴィニヨン(白とグレー)、コロンバール、ミュスカデルから造られる白は、量は少ないが、そのプロフィールは象徴的である。
現在、170の独立したワイン生産者と80の協同組合を含む、250人以上の男女がこのテロワールを形成しています。

このワインは

14世紀、イングランド王エドワード3世の長男であるノワール公は、古城の名残である監視塔を建設し、タヤックに足跡を残しました。
1959年、もともとこの村に住んでいたサトゥルニー一家がこの土地を購入した。
現在、30haの畑は2人の息子、フィリップとロイックによって管理されています。

低温で果皮を除去した2時間発酵させたあと、ステンレスタンクで2ヶ月熟成。

テイスティング

綺麗なロゼ色。
苺の香り。
スッキリした味わい。

飲んだ日:2022-09-08
飲んだ場所:switch
価格:2,700円(EU圏で6ユーロ前後)
インポーター:グローバル

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!