飲んだワイン SAS ルジェ・ペール・エ・フィス/GFA レ・ジュヌヴレイ サヴィニー・レ・ボーヌ・レ・プランショ2007 7点

最終更新日

人気過ぎて入荷できるお店さえもインポーターにコントロールされるようになってきたルジェ。

ルジェの友人のボーヌの元星付きレストランオーナーのジャン・クロテ氏が運営する農業法人GFA レ・ジュヌヴレイが所有する畑で、畑管理や醸造などは全てエマニエル・ルジェに委託。
ドメーヌでは自社畑とGFAの畑と分けて醸造はしていないのでワインの中身は同じですが、ロットで区別できるようにラベルにGFAが記載されています。

 

ワインデータ

ワイン名:Savigny Les Beaune Les Planchots
生産地:France > Bourgogne > Côte de Beaune > Savigny Lès Beaune
生産者:SAS Rouget Père & Fils (SAS ルジェ・ペール・エ・フィス)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

ドメーヌ・エマニュエル・ルジェは1985年に始まりました。
これはブルゴーニュの基準ではごく最近のものです。
しかし、その間に世界中のコレクターの間でほぼ神話的な地位を獲得しました。
フラジェ・エシェゾー村にあるドメーヌの所有権は、主にヴォーヌ・ロマネ、ヴォーヌ・ロマネ1級、およびエシェゾー特級を含みます。
コート・ド・ニュイ、サヴィニー・ボーヌ、ニュイ・サン・ジョルジュにも所蔵があります。

ルジェの歴史は、エマニュエルの叔父である有名な作り手アンリ・ジャイエと永遠に結びついています。
1980年代初頭までに、アンリはすでにブルゴーニュで最も伝説的なワインメーカーの1つになり、ブルゴーニュおよび世界中の若い作り手の世代に影響を与えていました。
アンリはドメーヌの将来について考え始めました。
彼には娘が2人いましたが、どちらもワインを作ることに興味がありませんでした。
1985年、彼は甥のエマニュエル・ルジェを後継者として育て、ブドウの木のいくつかを彼にリースし始めました。
長年にわたり、ますます多くのブドウをリースしました。
2001年彼の引退後、2002年からルジェのセラーで醸造されたジョルジュ・ジャイエのブドウを含め、すべてのブドウはエマニュエル・ルジェの管理下に置かれました。
2011年以降、ドメーヌの管理はエマニュエルの二人の息子、ニコラとギヨームがしています。
ニコラはブドウ畑を見守っていますが、ギヨームは主にワイナリーにいます。

2018年に従来は別会社だった「ドメーヌ・エマニュエル・ルジェ」と「ドメーヌ・ニコラ・ルジェ」を新会社「SAS ルジェ・ペール・エ・フィス(SAS Rouget Pere & Fils)」に統合。

このワインは

サヴィニーのブドウ畑はV字型をしており、コート・ドールの中でも最も絵になる風景が広がっています。
レ・プランショの区画は南向きで、ほとんどが泥灰質の深い土壌です。

テイスティング

濃いルビー色。
赤い果実の香り、遠くにスパイスの香り。
干しブドウの香り。
余韻の長さは悪くない。

飲んだ日:2021-07-10
飲んだ場所:ピアット・デル・ベオーネ
価格:25,000円
インポーター:IHARA&COMPANY

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!