飲んだワイン シャトー・コス・デストゥルネル2000 9点

最終更新日

かなり高価になってきたコスさん。

友人忍者の奢りで飲ませていただきました。
だから美味しく感じて点数が高いのかもしれません。

ワインデータ

ワイン名:Cos d’Estournel
生産地:France > Bordeaux > Saint-Estèphe
生産者:Ch. Cos d’Estournel (シャトー・コス・デストゥルネル)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ), Cabernet Franc (カベルネ・フラン)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

コスという名前はガスコン方言の「小石の丘」を指し、コス・デストゥルネルという名前は1810年にルイ・ガスパール・デストゥルネルによって与えられました。

1852年にイギリスの銀行家チャールズ・セシル・マーティンズに買収されて以来、その歴史の中で数回にわたって地所が変わりました。
1869年スペインのエラズ家に取得されたが、20年後の1889年にボルドーを拠点とするホーシュタイン家に再び取得された。
マリー=テレーズ・ホーシュタインとの結婚を通じて、シャトー・モンローズも所有していたルイ=ヴィクトル・シャルモリューは、1894年にコス・デストゥルネルの支配権を獲得しました。
最終的に1917年フェルナン・ジネステに売却されました。

シャトーはそれ以来ジネステ家に残り、1970年にはジネステ家とプラット家を合わせたドメーヌ・プラットの一部となり、ブルーノ・プラットによって支配されました。

2008年6月、現在のコスデステネルの所有者であるミシェル・レイビエがナパ・ワイナリーのシャトー・モンテレーナを未公開の金額で購入したことが発表されました。
しかし、2008年11月までにこの契約は取り消されました。
シャトー・モンテレーナによる取引の終了は、レイビエ家が「その義務を果たすことができなかった」ためであると述べました。

このワインは

遠い土地からの呼びかけ。
孤独な航海から戻ってきた1人の冒険家のように神秘的で興味をそそるこのワインは、ゆっくりと姿を現します。
少しずつ、遠くの場所、珍しい果物、香辛料、器物で溢れる露店、飲み騒ぐ人と夕日の喜びで暖められた村のお祭り、そして女性的でその官能的な曲線の豪華なビジョンの物語を呼び起こします。
無数の香り、色、味が五感に訴えます。
控えめで意図的に官能的で、魅力的でエレガントな神酒です。

カベルネ・ソーヴィニヨン:60%
メルロー:40%
若くして、主にローストしたフルーツと甘いスパイスの香りを示していましたが、フルボディです。
柔らかくフレッシュで、心地よいバランスで美しいアロマの表現を提供します。

テイスティング

久しぶりに西の城下町での隠密任務終了後に親友の外人忍者と飲みます。
相変わらずのピーマン香。
以前飲んだ1989年よりもフレッシュですが、タンニンがこなれてきている不思議。
オリエンタルなスパイス感が特徴的。
美味しいワイン。
チーズとの相性が非常に良い。

飲んだ日:2014-05-02
飲んだ場所:ふる川
価格:22,000円
インポーター:エノテカ

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!