飲んだワイン ドメーヌ・アンヌ・グロ/クロ・ヴージョ グラン・クリュ ル・グラン・モーペルテュイ1996 9点

最終更新日

名門グロ一族が持つグラン・エシェゾーに隣接した畑、モーペルテュイ

とても良い状態の物を飲めたので非常に満足しました。
こういうのを飲むと、場所は関係ないという作り手も居ますが、ある程度関係あるのかなとも思ってしまいます。

ワインデータ

ワイン名:Clos Vougeot Grand Cru Le Grand Maupertui
生産地:France > Bourgogne > Côte de Nuits > Vougeot
生産者:Dom. Anne Gros (et Jean Paul Tollot) (ドメーヌ・アンヌ・グロ (&ジャン・ポール・トロ))
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

フランソワ・グロの唯一の娘であるアンヌ・グロは、1988年に父親のワイナリーを引き継いだ後、ワインの世界で確固たる個性と評判を確立しました。
25歳当時アンヌは家族のワイナリーが3haから6.5haに拡張するのを目の当たりにしました。
最近、彼女は新しいセラーに投資しました。
彼女は確実性を疑い、自由を維持することにこだわるワイン生産者です。
アンヌは女性のワイン生産者として、自分を証明し、ドメーヌを管理する彼女の能力を疑ったすべての人を説得する方法を知っていました。
彼女だけでなく、家族のワイナリーをブルゴーニュの最大のワイナリーの1つにするビジョンを持っていることを示しました。
1984年、ボーヌとディジョンでブドウ栽培と醸造学を学ぶために、芸術の勉強をやめなければなりませんでした。
彼女のブドウとワインへの情熱、才能、感性、そしてプロ意識は、駆け出しのワイナリーが模範にできるワイン・メーカーです。
3人の子供を持つ母親であるアンヌは、ワイナリーで働き、家族の面倒を見ることにすべての時間を費やしています。

このワインは

この0.93haの単一区画は、ルイ・グロから息子のフランソワに遺贈されました。
ブドウの樹は1905年に植えられました。
実際には、植え替えの規則性により区画の平均樹齢を50年(フランス語HPでは60年、英語HPでは50年でした)に合わせています。

「ル・グラン・モーペルテュイ」という地域でグラン・エシェゾーの真下にあります。
シトーの修道士から与えられた地域名を復活させ、ラベルに掲載しました。

語源は、うつ病に使用する特性と黄色の花が咲く植物である「ミルペルテュイ」(西洋オトギリソウ=セント・ジョーンズ・ワート)、またはおそらくラテン語で「よい(well)」を意味する「ペルタス(pertus)」に由来する可能性があります。
この区画には井戸があるとは考えられていませんでしたが、代わりに、コンブ・ドルヴォーの傾斜の谷の幅広部分に位置する穏やかな窪みが見られます。

後者の仮説は、「プティ・モーペルテュイ」と呼ばれる別の場所があるため、より可能性が高くなります。
それは、GEST(テロワールの研究と維持組織)によってクロ・ヴージョで行われた研究によって補強されます。
ここでは、クロの他の地域と比較して、より大きな岩に到達する前に、土壌粒子が変化する、深い粘土質土壌の存在が観察されます。

区画はわずかに傾斜しており、優れた自然排水を提供します。
クロ・ヴージョを囲う周囲の壁は、ゆっくりと浸食から畑を保護します。
ヴォーヌ・ロマネとクロ・ヴージョを結ぶ道路と畑の輪郭との間に約1.50mの高低差がすでにあるためです。

テイスティング

退色しており、美しいレンガ色。
ドライフラワー、ダシ、スパイスの香り。
味わいは角の無いダシが優勢だが、まだ赤い果実の味わいも。
保存状態が非常に良く、とても美味しく飲めた1本。

飲んだ日:2011年
価格:36,000円

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!