飲んだワイン パゴス・デ・モンカーヨ/パラドゥス フュージョン2015 7点

最終更新日

昔ながらの方法でワインを作り続けるパゴス・デ・モンカーヨ

ワインイベントで作り手自らにワインを入れていただいた記憶に残る一本。
お値段こなれていながら上級キュヴェなので試しに飲んでみてもいいかも。

こちらで販売しています→ヴィノス・ヤマザキ

ワインデータ

ワイン名:Prados Fusión
生産地:Spain > Northern Region > Aragón > Campo de Borja
生産者:Pagos de Moncayo (パゴス・デ・モンカーヨ)
品種:Garnacha (ガルナッチャ), Syrah (シラー)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

モンゴル山脈のふもと、アラゴンを通過するイベリア山脈の中心部にあるのがワイナリーです。
ヴェラ・デル・モンカヨに近いこととサラゴサ県の恵まれた状況を考えると、彼らのワインを造る環境の美しさと豊かさは比類がありません。
伝統と技術を融合させることを目的に、当初から職人による生産方法に賭けています。
剪定から収穫まで、ブドウ畑でのすべての作業は完全に手動で行われます。
つまり、PdMモンカヨ・ワインはこの土地の最も純粋な風味を保持しています。
両親から学んだ彼らは、優れたブドウのすべての質的ポテンシャルを引き出すために、より効果的であることが証明された職人のテクニックであるブドウ踏みをしています。
新しい慣行を伝統的な生産方法に取り入れることで、地域の厳しい気候の影響を和らげることが可能になりました。

このワインは

2006年以来、パゴス・デル・モンカヨ・ワイナリーは、アイバルの家族経営のブドウ畑からとれるガルナッチャとシラーの両方のブドウのワインを作り上げています。
彼らの哲学は、環境を最大限に尊重し、その起源を真に反映したワインを作ることです。
彼らのワインで最高の価値と誠実さを達成するために、自分の手と足を使用し、自然の影響を最大限に活用して、伝統的な方法でブドウ畑と醸造プロセスの両方を行います。
これらの取り組みは、エコ-プロワイン・プロジェクト内でEUにより承認および認定されています。

ぶどう畑
•マガロン(カンポ・デ・ボルハの低標高地帯)のラコロナ(ガルナチャ)とロス・ブラン・キザレス(シラー)。
•平均標高350〜450m。
•バイオ栽培と制御された低収量(6,000kg/Ha)。
残りのブドウの品質を最大限に保つために、ブドウの房の50%が廃棄されます。

発酵と熟成
•手作業で収穫し、19kg未満の小さな箱を使用する。
•1週間、最大5トンを保持するオープン・バットで低温での浸軟とアルコール発酵。
•伝統的で丁寧に扱われたブドウは、オープン・バットでフィート単位で粉砕され、フリーラン・ジュースの最高の特性を引き出し、皮等の損傷を最小限に抑えます。
•オープンバットでの直接ブレンド。

テイスティング

作り手に注いでいただくというのはとても良い経験。
チェリー、ハーブの香り。
フレッシュで苦味がある。
タンニンはやや強い。

飲んだ日:2017-03-10
飲んだ場所:学士会館
価格:2,398円
インポーター:ヴィノスヤマザキ

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!