飲んだワイン ドミニク・ローラン/クロ・ド・ラ・ロッシュ グラン・クリュ1976 7点

最終更新日

結婚記念年のワインを見ると思わず購入してしまうのですが、今回購入したのがクロ・ド・ラ・ロッシュ

特級ワインなんて大奮発です。
大阪にある高級鉄板焼きのオクソンに持ち込んだワインです。

ワインデータ

ワイン名 :Clos de la Roche Grand Cru
生産地:France > Bourgogne > Côte de Nuits > Morey Saint Denis
生産者:Dominique Laurent (ドミニク・ローラン)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

ブルゴーニュのドメーヌ・ローランは、元パティシエのドミニク・ローランによって管理されています。
ニュイ・サン・ジョルジュにある小さな昔ながらのドメーヌで模範的なワインを生産しています。
非常に古い区画から果物を調達し、区画はコート・ドールの上下にあり、数十種類の異なる名称のワインが25〜50ケースというごくわずかな量で提供されています。

最初のヴィンテージは1988年で、彼の評判は高く手間のかかった赤ワインで急速に成長しました。
彼の最初の2つの閃きは、ボーヌの昔ながらのワイン生産者としてやっていくことであり、もう一つは物議をかもした動物学者のギュイ・アッカド(長期低温浸漬を提唱した人物)でした。
これら2つの間で、彼は上質なワインを作る方法についての彼自身の特異な考えを発展させるようになりました。
彼はそのブランドをDom Laurentとして宣伝しました。これは彼の名前とdomaineの省略形の意図的なギミックです。
もちろん、これは彼の商人の地位にとって良いものではありませんでした。
現在はムルソー ポリュゾやニュイ・サン・ジョルジュを含む6haで息子のジャンとドメーヌ・ローラン・ペール・エ・フィスを設立しました。

ドミニク・ローランにとって、すぐに樽の品質が最も重要であることが明らかになったので、次の論理的なステップは自分の樽を作ることでした。
彼はトロンセの木材のみを使用し、自分自身で選択し、少なくとも3年間(そして最大7年間)風乾しました。
協同組合の設立にかかる費用のため、彼は自分のワインに必要とするよりも多くの樽を作り、自分が必要としていないものを限られた数のブルゴーニュのドメーヌと様々な海外の生産者に売りました。

必ずしも好意的ではないが、200%の新しいオークを使用するという彼の初期の習慣、すなわち1つの新しい樽から別の新しい樽への移し替えについて多くのコメントがなされました。
ドミニクは、彼がトップ・ピノ・ノワールで探しているふくよかな感覚を新しい木だけが与えたと感じました。

このワインは

クロ・ド・ラ・ロッシュはモレ・サン・ドニの北部に位置し、ジュヴレ・シャンベルタンの境まで続き、南のグラン・クリュのブドウ畑クロ・サン・ドニに境を接しています。
AOCは1936年に作成されました。

テイスティング

年代物でコルクはすっかり黒くなっていましたが、ブショネの気配はありませんでした。
注いでみると酸がやや強くなっていましたが、味の深みは強い。
年月によりパワーが落ちていることは否めませんがそれを味わうのも贅沢というものです。

後半香りが一気に落ちるので、注いでからはすぐ飲むのがいいかもしれません。

飲んだ日:2011-04-29
飲んだ場所:オクソン
買った日:2011-04
買った場所:ワッシーズ
価格:38,000円

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!