飲んだワイン シャトー・ラトゥール1993 8点

最終更新日

外人忍者が持って来てくれたラトゥール

徳岡で購入してきてくれて、品質には定評のあるマーラベッセのもの。
25年ほどの熟成ですが、もっといけたのではないかとも考えられますし、もっと早く飲んだらどうだったのだろうとも考えられました。
これだからワインは奥が深い。

Chラトゥール 1993

楽天で購入

 

ワイナリー

ワイン名:Les Forts de Latour
生産地:France > Bordeaux > Haut Médoc > Pauillac
生産者:Ch. Latour (シャトー・ラトゥール)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

ラトゥールに言及している最古の文書は1331年にさかのぼり、サン・モーベール教区に要塞化された塔を建設するためにロード・ポンスからガウセルメ・ド・カスティヨンに与えられた認可です。
シャトーラトゥールは、1378年にジャン・フロワ・サールの「クロニクル」に登場します。
これは百年戦争の時であり、「トゥール・ド・サン・モーベール」は、ブルターニュの兵士がフランス国王のために配置した河口を守る要塞でした。
3日間の包囲の後、アングロガスコン軍は要塞を占領し、守備隊を設置しました。

ラトゥールは16世紀の終わりまで共同所有されていた領主の領土であり、その共同所有者は土地を耕作した農民から家賃を受け取りました。
当時、この土地はブドウの木で完全に覆われていなかったが、生産量は需要を大きく上回っていた。
ワインの適切な保管場所がなく、1年以内に飲まなければなりませんでした。
土地は17世紀後半までミュレ家の手中にあり、土地の直接使用が貸借制に徐々に取って代わりましたが、ワイン製造の状況はほとんど変わりませんでした。
連続したミュレ家の結婚と相続の結果、シャトー・ラトゥールはアレクサンドル・ド・セギュールの財産となり、メドックの区画をすぐに獲得しました。
シャトーの本当のワインの歴史は、この家族の到来から始まりました。
1716年に亡くなる直前、アレクサンドル・ド・セギュールはシャトー・ラフィットを買収しました。
彼の息子、ニコラス・アレクサンドルは、ルイ15世によって「ブドウの王子」と呼ばれました。
ボルドー議会の議長である彼は、ムートンとカロンからの区画の取得により、1718年に所有地をさらに拡大しました。

18世紀初頭、イングランドの貴族と裕福な中産階級は、特にワインについて、ボルドー、ポルト、ヘレス、その他の南部のブドウ畑から洗練された味を見出しました。
ワインの輸出は、戦争による様々な地域封鎖によって制限されていましたが、この時期比較的自由を享受し、ボルドーとの貿易は急速に成長しました。
この新しい経済環境はメドック地域の構造も変化させ、それは地元のブルジョア階級と議会貴族によって拡大し、関心が高まった。
非常に迅速に、シャトー・ラトゥールを含む最高の地所のワインは、品質と価格の点で際立っていきました。
1714年ラトゥールの樽は典型的なボルドーワインの樽の4〜5倍の価値がありました。
1729年までに比率は13倍に上昇し、1767年には20倍に上昇しました。
シャトーラトゥールの認知度はすでに確立されていました。

この繁栄した取引の結果として、1759年に38haのブドウ畑、1794年までに47haのブドウ畑を所有するようになりました。
この期間の非常に詳細な記録が現存しており、所有者と定期的に連絡を取り合っているワイナリーの記録が保存してあります。
また、シャトー・ラトゥールでの生活についての非常に面白い逸話も数多くあります。

革命の間、この地所は多少の困難を伴いながら解散することを防ぎ、そして最も重要なことには、同じ家族での経営を存続しました。
1842年までに、相続財産が相続人の数を増やし、ソシエテ・シビレ(非貿易会社)を設立しました。
ソシエテ・シビルは、1962年までセグル家の子孫だけで構成されていました。
そのため、この施設は非常に優れた場所から恩恵を受け、ユニークなテロワールは、ラフィット・ロスチャイルド、マルゴー、オーブリオン、そして1973年以来のムートン・ロスチャイルドとともに、1855年の公式分類で1級を獲得しました。
しかし、時間の経過とともに、多数の相続人が大部分の株式を売却しました。
英国の金融グループであるピアソン社が53%の過半数株主となり、25%出資比率のハーベイズ・オブ・ブリストル社はその後アライド・ライオンズ社グループに買収された。
1989年ライオンズ社はピアソン社を買収して株式の93%を保有し、残りの7%はセグル家に残りました。
1993年6月、フランソワ・ピノー氏は持ち株会社アルテミスを通じてライオンズ社の株式を購入しました。

1993年以来フランソワ・ピノーの指導の下で、シャトー・ラトゥールが生産するワインの卓越性の追求を支持するという観点から、大幅な変更が行われました。
1998年には、1995年の早い時期にワイナリーに加わったフレデリック・エンゲラーがマネージャーに任命されました。
主要な改革は1999年11月に始まり、2003年9月まで続きました。
ワイナリー、バットルーム、ワイン製造施設、保管エリアの全面的な改修により、ワインの生産がさらに正確になりました。
新しい技術チームも作成されました。
2012年、シャトーのワインをプリムールで販売しないという決定を受けて、作業スペースを拡大し、新しい熟成セラーを作成するためのさらなる作業を行いました。

フレデリック・エンゲラーのもと、エレーヌ・ジェニンは​​会社のテクニカル・ディレクターであり、セラー・マスターであるピエール・アンリ・シャボットとブドウ園のマネージャーであるドミンゴ・サンチェスと完璧を追求しています。
この探求は、シャトー・ラトゥール、ブドウ園、ワイナリーで働く70人の強力なチームの全員の努力によって支えられています。
新しい手順の適合性を判断するために、さまざまな実験が常に行われています。
これには、たとえば生体力学的手法や新しいトレーサビリティ・システムが含まれる場合がありますが、常に求められるのは精度、品質、環境への配慮、新しい問題の認識です。

このワインは

シャトー・ラトゥールの特級は、最も重要な区画ランクロにある平均60歳の「ヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)」からのみ作られています。
グラヴェット、セルメンティエ、ピエス・ド・シャトー…これらは、毎年テロワールの特徴を表現し、ワインのアイデンティティを表現する最高級のプロットの名前です。

ランクロの中心は、毎年特級に期待される深さ、優雅さ、集中力を生み出すことができる唯一のテロワールです。
カベルネソーヴィニヨン(ブレンドの90%以上を占める)が、色、豊かさ、新鮮さの点で最適な表現を実現できるのはこのためで、飲む準備が整うまでに、しばしば10年ほどの時間が必要です。

素晴らしいヴィンテージでは、シャトー・ラトゥールのワインの力とエネルギーにより、数十年にわたって簡単に熟成を続けることができます。
テイスティングのブーケと印象は徐々に進化し、ますます複雑になり、最終的にピークに達します。
その後、タンニンが柔らかくなり、ワインの力は徐々に低下します。
飲む喜びを超えて、これらのワインは力強い感情と忘れられない瞬間を生み出すことができます。

シャトー・ラトゥールは、困難な時期でも上質なワインを生産できることでも知られています。

1993年、寒すぎない冬は3月20日にメルローを花開かせました。
6月1日には完全に開花し、普段より10日ほど早かった。
夏の始まりは天気が悪かったですが、8月は暑く晴天でブドウの皮を厚くさせ、熟成を早めました。
6月19日~8月に剪定を行いました。
9月9日から雨が降り始め、収穫の9月22日~10月6日の直前まで降りました。
幸運な事にブドウの厚い皮が過熟と果汁の希釈を抑えてくれました。

テイスティング

杉やブラックカラント、紅茶、ドライフラワーのバラの香り。
奥深い香りがする。
熟成したブルゴーニュのピノに通ずる香りを感じる。
上品ながらも厳格な感じも。
もっと時間をかけて飲むべきだったかもしれない。
ラトゥールの1st、2nd、3rdを飲むという素敵すぎる会だった。
どれにも共通して紅茶の香りを感じたが味わいは三者三様。
ラトゥールをと思ってセカンドやサードを飲んでも、それとは違うワインであるということ。
どれが1番というわけでなく、それぞれに良さがあるからそれにあったシーンに合わせて飲んだらどれも素晴らしいワインだと思う。
ラトゥールは年による味のバラツキが少ないらしいので一つのラトゥールを知れたことは貴重な体験になった。

飲んだ日:2018-11-23
飲んだ場所:ニュージープラットフォーム
価格:69,000円(当時)
インポーター:徳岡

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!