飲んだワイン シャトー・パルメ1986 10点

最終更新日

友人の外人忍者が海外で購入し持って来てくれた素敵ワインの一つパルメ

年代物なのでシシェルの名前が入った貴重な一本です。
開くまでに非常に長い時間を要しましたが、待つだけの価値はある1本でした。

ワインデータ

ワイン名:Ch. Palmer
生産地:France > Bordeaux > Haut Médoc > Margaux
生産者:Ch. Palmer (シャトー・パルメ)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ), Petit Verdot (プティ・ヴェルド)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

1814年の春の日に、パルメ中佐は、マリー・ブルネット=フェリエールという名前の前途のある若い未亡人の知人を作りました。
フランス中で駅馬車を共有すると、貴族であった彼女は彼の軍での評判 – 軍事的でもロマンス的にも – 非常に高い評判のパルメ大佐の魅力に惹かれました。
旅の終わりまでに、彼女はちょうど受け継いだメドックのブドウ園を彼に売ることに同意しました。
メドックには一度も訪れたことがなく、バース醸造家の息子で、プリンスリージェントへの支援派遣および将来の英国陸軍の少将が、ドメーヌ・ド・ガスクの所有者となった。
18世紀の初めからそのワインの品質で知られるエステートを、チャールズ・パルメはそれを拡大し近代化するために30年を費やし、ついにそのような時代を超越したスタイルでそれを植え付けました。

19世紀半ばまでに、エミールとアイザック・ペレイアは帝国を築きました。
鉄道、不動産、銀行業、そして最先端の産業がその名を冠しました。
それでも何かが足りなかった。
移民の子供たちでボルドーで育った彼らは、まだ自分たちの心に最も近いその地域での壮大さを夢見ていました。
二人ともシャトー・パルメの買収を夢見ていました。
1853年に、彼らはついに行動に移します。
彼らはそれから1年の間に最初から建造されていた新ルネッサンス調の城のまわりでワイナリーを再編成することに着手しました。

その周辺の別荘は、村、仕事場、そしてワインの楽しさとなりました。
第一次世界大戦でさえもなく、19世紀後半に発生したうどんこ病やフィロキセラのどちらも、彼らの業績を傷つけることはできませんでした。
シャトー・パルメは、何世紀にも渡って運命づけられていたようです。

1938年以来シャトー・パルメは、ボルドーを代表するグラン・クリュの1つとして名高い存在です。
1世紀も経たないうちに、4つの一族がこのワイナリーを国際的に認知される方向に駆り立てました。
今日、2つの一族が新しい時代にそれを導くために残っています。
オランダ出身のマーラ・ベッセ家は、テキスタイル&ワイン・ビジネスでその名前を挙げました。
シシェル一家は、イギリス、フランス、ドイツの高級ワインの販売を専門としていました。
彼らの子孫一緒には第二次世界大戦の後にワイナリーを再建して、伝説の1961年を含む多くの例外的なヴィンテージを世界にもたらしました。
彼らは現在シャトー・パルメの方向をトーマス・デュルーに託しましたが、それを取り巻く世界に気を配り続けています。

このワインは

1986年の夏は記録的な干ばつ状況によって特徴づけられました。
ありがたいことに、9月には2度の雨が降りブドウの木はすぐに熟しました。
10月上旬に収穫が始まったとき、天気は晴れでブドウは最適な成熟に達しました。
1986年は優秀なタンニンと豊かなフルーティーさが特徴です。
それらの完全なバランス、優雅さと魅力を表現する前にボトルで更に数年を必要とするでしょう。

ブレンド
メルロー:48%
カベルネ・ソーヴィニヨン:41%
カベルネ・フラン:4%
プチヴェルド:7%

収穫日
10/02/1986~10/16/1986

熟成の可能性
2025年まで

テイスティング

年代物でしたのでデキャンタージュ。
最初の香りは獣臭が強めでしたが、3時間ほど経つとかなり美味しくなりました。
香りがしっかりと開いた途端に一気にベリーと熟成ボルドーの香りが開花します。

この3時間を我慢できるかどうかがカギとなるワインで、一緒に飲んだDRCのグランエシェゾーよりも美味しいと評価する方がいるくらいで非常に興味深い。

飲んだ日:2014-05-11
飲んだ場所:ミニョレット(閉店)
価格:44,000円
インポーター:外人忍者

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!