紆余曲折ありまくりの150年以上の歴史を持つカミーユ・ジルー

カミーユ・ジルーの一族がもう持っていないメゾンとはつゆ知らず。
現在インポーターもこの商品を扱っていない様子ですので、今売っているのがはけたら一回途切れるかもしれないワイン。
インポーターHPにも本家HPにも記載がありません。

メゾン・カミーユ・ジルー ラトリシェール・シャンベルタン

Camille Giroud Latricieres Chambertin Grand Cru 2009

カミーユ・ジルー ラトリシエール・シャンベルタン 2009 Camille Giroud

 

本家HPの赤ワインの紹介にはこのワインが背景に使われているのに本家でも、もう扱っていないという…

ワインデータ

ワイン名:Latricieres Chambertin Grand Cru ラトリシエール・シャンベルタン グラン・クリュ
生産地:France > Bourgogne > Côte de Nuits > Gevrey Chambertin
生産者:Maison Camille Giroud (メゾン・カミーユ・ジルー)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red wine

カミーユ・ジルー/ラトリシエール・シャンベルタン グラン・クリュ2009

ワイナリー

150年以上と歴史が長いので、HPの全訳は下部に置きます
1865年にボーヌで設立された、長い歴史のネゴシアンです。
創業当時から熟成してから市場に流していたため、現在もドメーヌには多くの古酒が眠っています。
2002年にカミーユ・ジルーの系譜からアメリカのアン・コルギンと、ジョー・ウェンダーの率いる投資家グループによって買収され現在の運営は、2016年にデヴィット・クロワから醸造責任者兼技術顧問はカレル・フォールハウスが担っています。

カミーユ・ジルー/ラトリシエール・シャンベルタン グラン・クリュ2009

テイスティング

ややオレンジがかったルビー色。
程よく熟成。
ダシ系の香りがやや漂い始めるお年頃のピノ・ノワール。
土、森の香りが後半ベリー、プルーンの香りに変化。
酸味は程々。

熟成感がしっかりしており本当によくできている。
旨味もあり、本当に美味しかった

 

飲んだ日:2016-07-08
飲んだ場所:キタサンドウ・ラ・カーヴ
価格:16000
インポーター:ラシーヌ

メゾンの歴史(長い)

1865年にスイスに起源を持つカミーユ・ジルーはボーヌの老舗である樽とワイン商人の娘ミス・デシャンと結婚し、小さな家族経営のワイン取引会社を引き継ぎ、メゾン・ジルー・デシャンプルに名前を変更します。
1903年から1940年代までメゾンはカミーユ・ジルーの名前でボーヌに会社施設を設けます。
他の多くのワイン商人とは違って、カミーユ・ジルーは必需品とワインを買うだけで、彼の会社の名声を確立するくらいワインの成熟者として才能を表しました。
長年熟成させるために貯蔵庫に送られたワインは、何十年もの間、ボディと強さを手に入れます。
彼の妻と3人の子供、レオン、ルシアンとジネットは、マレシャル ジォフルに素晴らしい邸宅を作ります。
1950年代カミーユの最年少の息子ルシアンは、父親の死後メゾンの管理を引き継ぎますが、家族の伝統は変わらず「常にバイヤーであり、決してバイヤーではない」という不思議な矛盾がルシアンのモットーになります。
確かにルシアンは、熟成が上質な味わいを与えると考えられる時間の試練に耐えるために少し特別な性格のワインを購入するだけで、そうでなければ彼は絶対に購入しません。

これら栄華の時代は第二次世界大戦で終わりを告げます。
ワイン醸造はゆっくりとしていますが、確実にワイン貿易から離れてていきます。
多くの栽培者がネゴシアンの助けを借りずにワインを作り自社で販売していきワイン貿易としてのバイヤーの力を失ってしまった。
長い間確立されていたメゾンは、1つの小さい連合を作るために結束を強めた。
メゾン・カミーユ・ジルーは、この大きな激動を、その核となる価値観に忠実に反映させます。
この会社の唯一の時間は、セラーに流れる時間ですが、同社は休眠状態であり売り上げは低迷している。
ジルーの金融資産であるワインは地下室で眠り、利益はほとんど発生しません。
1967年地下室で絶えず増え続けるワインのために利用できるスペースがないため、ルシアンはボーヌから中庭と生産棟、巨大なセラー、小さくてスマートな邸宅がある19世紀の建造物で構成されているRue Pierre Joigneaudに移動します。

1988年には1968年以来、ブルゴーニュに設立されたアメリカ起源のベッキー・ワッサーマンは、米国のメゾン・カミーユ・ジルーの独占輸入業者になりました。
翌年ルシアンは86歳で永眠しバーナードとフランソワがメゾンの舵取りをしますが、1990年代メゾンの深刻な財政難を緩和するために、2人は家族の伝統から脱却し、1993年にワインの購入を控えボーヌの1er Cru Aux Crasで初めてのブドウを購入し、2年後に1er Cru Les CrasとBourgogne Hautes-Côtes de Beaune Au Crétotのブドウを追加購入します。
毎年のBouilland Symposiumで、ベッキー・ワッサーマンはメゾン・カミーユ・ジルーをアメリカのワインメーカーとアートと古いワインヴィンテージの熱心な愛好家を率いるジョー・ウェンダーとアン・コルギンに紹介します。

2000年バーナードとフランソワは、彼らの努力によってしても疲弊し、投資によって弱まってしまったメゾンを財政的に戻すことはできませんでした。
遂に会社を売却する決定が下されましたが、彼らのセラーに貯蔵された財産を浪費する巨大なワイン・マーケティング業者に彼らの伝統的なメゾンを売るとは想像できませんでしたが、彼らはその売却をベッキー・ワッサーマンに委ねることに同意します。
2001年ジョー・ウェンダーとアン・コルギンと他の投資家と古いワインヴィンテージの愛好家は、メゾン・カミーユ・ジルーを引き継ぐことにしました。
彼らは同社の伝統を永続させたいと思っていましたが、彼らの希望はあまりにも会社に緊密に関わらないことでした。
だからベッキー・ワッサーマンがマネージャーに選ばれ、学者であるデイヴィッド・クロワが7月にメゾンに加わりました。
2002年サザビーズで働くアン・コルギンは、ニューヨークでオークションを開催し、情熱、名声、市場はすべてカミーユ・ジローというひとつの場面に集まり、オークションは大成功です。
この年の1月18日バーナードとフランソワは、これを最後にメゾンのもとを去ります。

2007年デイヴィット・クロワはメゾン・カミーユ・ジルーのマネージャーとして正式に選出されました。
デイヴィットは新しいプロジェクトをたくさん立ち上げました。
ブドウの購入は改訂され、長期的なブドウ栽培者との新しい契約が計画され、メゾン独自のブドウは可能な限り厳密に監視されています。
アペラシオンの選択は熟考されシャンベルタン、クロ・ド・ヴージョ、ヴォーヌ=ロマネ、ムルソー、ポマール、コルトン・シャルルマーニュのワイン…だけでなく、クリマはすべて再び社内で活躍の場所を探します。
新しいバットハウスが建設され、温度調節、仕分けテーブル、デ・ステマー、小さなステンレススチールバット、空気圧プレスが装備されています。
セラーは再編成され、数十万本のボトルの正確な在庫が確認されます。

クラシック、コレクターのボトル、グラン・クリュ、希少なワイン、47年、49年、59年…全てがセラーに置かれています。
毎年、1er Crus、76年、78年、85年を含む非常に特別なヴィンテージセットがコレクションとして販売されています。
2度目のオークションは2015年に香港で行われ、伝説的なヴィンテージ、マグナムボトル、そして今度はデイヴィット・クロワが手掛けた2005年、2009年のワインと共に行われました。
過去と現在のものが結びついて、今後の道が示されました。

メゾンはまだ限定ですが、拡張は決してその適正ではありませんでした。
カレル・フォールハウスは、2016年10月にデイヴィット・クロワから仕事を継承しています。
2002年以来、新しいプロジェクトを推進しながら、メゾンの起源から方向性は変わりません。