ケン・ライト・セラーズのキャナリー・ヒル・ヴィンヤード

ウィラメット・バレーの入り口にあり、潮風の影響も多くある畑
味わいにどのように影響しているのか…!?

■ケンライトセラーズ ピノノワール カナリーヒル[2014] Ken Wright Cellars Pinot Noir Canary Hill[2014]

ワイン名:Canary Hill Vineyard Pinot Noir キャナリー・ヒル・ヴィンヤード ピノ・ノワール
生産地:USA > Oregon > Eola Amity Hills
生産者:Ken Wright Cellars (ケン・ライト・セラーズ)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red wine

ワイナリー情報
ケンタッキー州レキシントンのバーボンにワインの種子が植え付けられました。
ケンはスクールに通っている間、世界中の高級ワインに魅了され、ブルーグラス州を離れてUCデイビスで栽培学、特にブドウ栽培の授業に参加した時にワインへの情熱は燃え上がった。
その後モントレー郡カリフォルニア中央部の海岸でVentana Vineyards、Chalone、Talbott Vineyardsにおいて8年間ワイン造りをしていました。
ウィラメット・バレーの友人たちは、1976年にダンディー・ヒルズを訪れワイン造りをするケンを訪れた際に彼の情熱を見て、北米でのピノ・ノワール栽培は間違っていないと確信しました。

1986年に家族でケンはマクミンビルに移り、10バレルの生産量のパンサークリークセラーズを始めました。
ワイナリーでの瓶詰めに焦点を当てた彼のコンセプトは、パンサークリークで始まり、1994年にケン・ライト・セラーズがカールトンに設立されたときの哲学の中核として定着しました。
ケンは現在北部のウィラメット・バレーの13のブドウ畑から1本のワインをボトリングします。

地元の慈善活動に積極的に参加し、ウィラメット・バレー北部の6つの新しいAVA (American Viticultual Area)の認可にも大いに貢献しました。
彼はYamhill-Carlton AVAの提案書を起草し、協会の初代会長を務めました。
カールトンにとっても協会との共同作業は、地域社会復興に役に立ちました。
彼はメインストリート沿いにある木々やヴィンテージの街灯を選ぶことから、町の豊かな農業遺産に合わせて歴史的建造物を購入し復元することまで、ダウンタウンの改善にも積極的でした。
2003年にケンと妻のカレンは、1923年に建設された町の駅を購入し、2年間の大規模な修復の後、この美しい建物にケン・ライト・セラーズのテイスティングルームが完成しました。
ここでは、ケンのシングル・ヴィンヤードのピノ・ノワーを試飲することができます。
スタッフはウィラメット・バレーの詳細な地質学的ツアーを行い、ケンのワイン作りの40年の経験を参加者と共有します。

ピノ・ノワール

ケン・ライト・セラーズはブドウ畑の固有の品質を表現することに専念しています。
他の品種にはない明快さと広がりで、ピノ・ノワールはこれらの特徴を最もよく表していると考えています。
ピノ・ノワールは、ワインに商標を刻印するのではなく、栽培された場所の香り、風味、質感を伝える究極の手段です。

ケン・ライト・セラーズは北部のウィラメット・バレーにある13の異なるブドウ畑から単一のピノ・ノワールを生産しています。

ワイン作りのアプローチ
物事に触れるのは人類の本質です。
これは一般的には良い特性ですが、ワインの取り扱いを最小限に抑えることは自然の贈り物を保つために不可欠です。

ケン・ライト・セラーズでは、小規模なバッチ発酵を実行しています。
分離された各ブドウ園は手で選別され、小さな1/4トンのオープンバット発酵槽で乾燥するまで発酵され、その後別々に圧縮されて熟成される。
ワインは100%フレンチオークの樽で約1年間熟成されています。
ピノ・ノワールのブドウ園は同じアプローチで作られているので、消費者はそれが栽培された場所を本当に味わうことができます。

ラベル
ケンライトセラーズのシングルヴィンヤード・ピノ・ノワールには、地元のアーティストのデイヴィッド・バークヴァムがデザインした独自のラベルアートワークを使用しています。
ケンとカレンは、ポートランドでの彼の展覧会を見ながら、デイヴィッド・バークヴァムの作品に夢中になりました。
当時ケンとカレンは白と金の印刷からなるピノ・ノワールのラベルから、ワイン愛好家に永続的な印象を残したものにアップグレードしようとしていました。
デイヴィッド・バークヴァムは、独特の蜜蝋ベースのアートを使用して人々に永続的な印象を与える才能を確かに持っていました。
ケンとカレンは、長く寒い雨の日​​の冬の枝打ちに焦点を当てて、オレゴン州で高品質のピノ・ノワールを作るのに苦労と忍耐を伝えるアートをオーダーしました。
このオリジナルのアートワークは現在サヴォヤのブドウ園にあります。
2009年に、ケンはデイヴィッド・バークヴァムに、単一のブドウ園ごとに新しいアートワークを作成するよう依頼しました。
元のアートワークは、100%の蜜蝋でできています。
デイヴィッド・バークヴァムは綿密な打ち合わせを行い畑ごとに固有のラベルを作成しました。

AVA:イオラ・アミティ
土壌:火山性土壌
標高:135~165m
向き:東
ラベル:1983年に植樹している前オーナーのディックとナンシーを描いたもの

テイスティング
ルビー色。
香りが開くのに結構時間がかかりました。
試飲会ではポテンシャルを発揮しきれない可能性が高い。
一本を数時間かけて飲無場合には更に点数が上がりそう。
ベリーの香り。
やや軽めの作り。

飲んだ日:2018-04-28
飲んだ場所:Wine market party
価格:8,300円
インポーター:オルカインターナショナル