食べ歩き 渡なべ 西早稲田/ラーメン 7点

最終更新日

少し前まで良く来ていた高田馬場にある渡なべ

数年前から何度かお店の前を通っていましたが、たまたま空いていたので遂に訪問。
カウンター8席くらいのお店なので、いつもは結構混んでいます。

外観

一見ラーメン屋っぽくない外観です。

メニュー

見切れてますが、らーめん880円からと結構高級路線。

内観

隣のオヂサマが「うまい!」と言いながら食べ終わっていたのでちょっと期待が高くなります。

味玉らーめん1,000円

スープは昔流行った魚介醤油。
鰹出汁が全面に出る。スープの表面に鰹節が浮いていて、粉っぽっさが出る。
粉ではなく、節の状態といえば分かりやすいかも。
煮干し版鰹出汁という感じ。
魚介に合いやすい濃厚なクリーミーなベースを作ってるが、これは鰹ですね。

麺も細麺で茹で切りもしっかりやっているようで、食べると鰹と麺がしっかり主張。

メンマは自家製なのか、塩抜きをしっかりやっています。
大きさはまちまちで大きいものだと3㎝くらいの厚さのものまであるので結構食べ応えがあります。
食べるとさすがに鰹は負けて、メンマを倒すために必死な自我を感じます。
かなりの強敵。

チャーシューは薄めのバラ肉か。
食べる順番を間違えたか、メンマがまだ口の中にいるので、チャーシュー食べてる感じはしません。
ここの時点でメンマが主役。
集中して味わうとチャーシューは塩気も脂身も程よくバランスよい味付け。

そうこうしてるうちに麺の評価をする前に麺がなくなる。
麺は何だったのか、果たしてこれはメンマだった気がする。

最後に味玉を残していたのは作戦。
塩っ気の強い味玉かどうか不安だったのですが、これも杞憂。
スープとバランスの良い喧嘩のしない味付け。

全体的に隙がない調理レベル、味付けですが、尖ったものがない。
昔は良かったのだろうが、新宿にはもっと美味しい店がまさに群雄割拠。
これで1,000円なのはちょっとコストパフォーマンスが悪いか。

ここのラーメンは一言で言うと、良い意味でメンマだった。
じんたんではなく。

このお店は

関連ランキング:ラーメン | 西早稲田駅面影橋駅高田馬場駅

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!