ワイン忍者

日々ワインの事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインの事や、ワインに合う市販のおつまみ、食べ歩いたお店を書いていきます。

カテゴリー: 飲んだワイン Page 2 of 31

飲んだワイン ボリー・マヌー/シャトー・ベルガ2008 7点

ワインセラーウメムラ新春福袋2018 ボルドー9本5万円に入っていたシャトー・ベルガ

なんとインポーターはひらまつ。
あの高級レストラン系列のひらまつがインポーターをしているとは知りませんでした。
お値段は中々のものですが、熟成感がありボルドーらしいボルドーでした。

続きを読む

飲んだワイン ポデーレ・フォルトゥーナ/フォルトゥーニ ピノ・ネーロ2011 8点

リカマン・グループのカーヴ・ド・エル・ナオタカの福袋で購入した中に入っていたポデーレ・フォルトゥーナ

2本ほど飲みましたがここの福袋はかなり優秀なワインが入っているという印象でした。
結構高価なイタリアワインを飲んだのは久しぶりでしたが、このワインは中々美味しくて、高級ワインをよく飲んでいる友人の外人忍者も喜んでいました。

続きを読む

飲んだワイン オスピス・ド・ボーヌ/ヴォルネィ プルミェ・クリュ キュヴェ・ジェネラル・ミュトー2011 7点

ウメムラ2018年新春福袋で購入したオスピス・ド・ボーヌ

寄付される金額も上乗せされているためか普通のワインよりも高額になってしまいますが、たまに自分でも名前を聞いたことがあるドミニク・ローランなど著名人が関わっていたりで飲めると嬉しいワイン。
自分が買ったワインのお金が巡り巡ってワイン文化を維持するために使われていると思うとオスピスは買ってもいいかも思ってしまいます。

続きを読む

飲んだワイン ラ フォーリー/リュリー クロ ド ベルクロワ ルージュ キュヴェ マリー2015 7点

ウメムラの5本54,000円で購入した福袋に入っていたラ フォーリーリュリー赤。

リュリーと聞いて白と思ってしまい冷やしまくってしまったのですが、よく見たら赤でした笑。
ボトルの感じもエチケットも思いっきり赤仕様ですが、先入観とは恐ろしい。
若さ溢れる酸が特徴でしたので、熟成させたらもっと落ち着くと思います。

続きを読む

飲んだワイン カンティーナ・デュエ・パルメ/テヌータ・サン・マルコ ネグロアマーロ2016 6点

ややワインが高めの設定のGRATUS BASE相模大野店でオーダーしてしまったのが最も市場価格が低いのに3倍の価格だったこのカンティーナ・デュエ・パルメ


相変わらず引きが弱い。
1,000円くらいのワインですが、飲みやすいワインに仕上がっています。
流石安くて美味しいイタリア。

続きを読む

飲んだワイン ストーンヘッジ・ワイナリー/メリタージュ プレミアム2014 8点

美味しいナパのワインが飲みたくてオーダーしたストーンヘッジ・ワイナリー

ヴィノス・ヤマザキだけの特別なワインらしく、日本だけの仕様。
ナパらしい凝縮感がある濃厚なワインでした。

続きを読む

飲んだワイン テール・ド・シエル/ソーヴィニヨン・ブラン2018 6点

小諸市にある標高900mと非常に高い場所にあるワイナリーテール・ド・シエル

ワインだけでなく、シードルや菜の花油なんかも作っているまさに「農家」。
白ワインはフレッシュ&フルーティー。

続きを読む

飲んだワイン ナゴミ・ヴィンヤーズ/ソーヴィニヨン・ブラン2018 6点

委託醸造もしているというナゴミ・ヴィンヤーズ

HPの情報も少ないですが、そこまで手が回らないのが日本のワイナリーの現状。
これからも美味しいワインに向けて頑張って欲しい所。

続きを読む

飲んだワイン アルカンヴィーニュ(いざわの畑)/コトー・デ・シェヴレット ソーヴィニヨン・ブラン2018 6点

長野といえば委託醸造のアルカンヴィーニュですが、そこの新進気鋭の「いざわの畑」を営む伊澤氏のコトー・デ・シェヴレット

お店のスタッフによると香りが少なく食事を邪魔しないとの事でしたが、香りが無さすぎなのでそれならば甲州でも良くない?とも思えます。
日本の土壌では芳醇な香りが出せないのは分かりますが、香りが無いワインは全然嬉しくないですね。

続きを読む

飲んだワイン スターダスト・ヴィンヤード/ウィッシュ・アポン・ア・スター2018 6点

医師である星野勇馬氏が自分の名前と敬愛するミュージシャン「デヴィッド・ボウイ」の代表作に自分の名前を掛け合わせて命名したスターダスト・ヴィンヤード

今はまだアルカンヴィーニュでの委託醸造ですが、数年したら自家醸造に切り替わるのではないでしょうか。
ファースト・ヴィンテージ。

続きを読む

Page 2 of 31