• 日々お酒の事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインとビールの事や、食べ歩いたお店を書いていきます。増税前の値段の場合もありますのであしからず。

府中市内のビアハウス ケン、ドラゴンバー、HOTEL松本屋1725などが共同で開発した府中を愛する府中人の為のビール。

仕込んでいるのはいわて蔵ビール。
限定生産で、毎年発売になるかは怪しいビール。

 

ビアデータ

ビール名:FUCHU BAKA NO ORIENTAL MELON
生産地:日本 岩手県
生産者:SEKINOICHI SHUZO
アルコール:5%
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:
ホップ:
タイプ:ヴァイツェン
価格:800円
インポーター:

ブリュワリー

1995年に立ち上げた「いわて蔵ビール」は、世嬉の一酒造の酒造りの技と、醸造士の経験と知識により生まれたクラフトビールブランド。
これまで多くの国際大会で受賞し、高い評価をいただいています。
定番の八種に加え、さまざまなシーンで楽しんでいただけるよう、季節限定ビールなど種類も豊富。
オーダーメイドビールのご注文も承っており、オーガニックビール醸造も人気です。

このビールは

府中生まれ府中育ちの府中人が考案したビールと発泡酒のシリーズ。
府中に関わるすべての人に愛される地ビールを目指して施行錯誤し、全国のどの街のビールとも違う味わいを実現しました。
発泡酒にはその昔徳川家に献上されていた府中産まくわ瓜を使用。
収穫期に合わせて醸造する季節限定品です。

テイスティング

濁り。
モルトの甘い香り。
瓜感はわからない?
苦味が瓜なのかホップなのか?
瓜ソムリエじゃ無いので難しい。
モルトの甘みが後半苦味を打ち消して強くなってくる代わりに香りがモルトより瓜になってくる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!