ビール ブラック アイル/ハイバネーター オートミール スタウト

特徴的なラベルはスコットランドの国花「アザミ」をデザインしているブラック・アイル。

WWOOF(ウーフ)という有機農場で働きたい人々を受け入れたりと、オーガニックな作りを心がけている醸造所。
瓶内二次発酵のオートミールを使用した健康派向けのビール。

ビアデータ

ビール名:HIBERNATOR OATMEAL STOUT
生産地:イギリス スコットランド
生産者:BLACK ISLE
アルコール:7%
IBU(苦さ 平均15~20):49
モルト:
ホップ:
タイプ:オートミール スタウト
価格:450円
インポーター:株式会社キムラ

ブリュワリー

ブラック・アイルは1998年にデビッド・グラッドウィンによって設立されました。
企業人ではないビール愛好家である彼は、破壊的な化学薬品を使用せずに、有機農場で栽培された大麦とホップを使用して世界クラスのビールを作ることに着手しました。

今日では、ボトル、キャスク、樽に詰められた1日あたり最大10,000リットルを醸造できます。
スコットランド、イギリス、そしてノルウェーから日本まで世界中にビールを発送しています。

ここアランレンジにある彼らのホームは、ゲール語で「肥沃なトウモロコシ畑」と言い換えられています。
1790年にこの農場でロデリック・マッケンジー卿がこの土地は「醸造者と蒸留器にとって優れた品質」であったため、大麦の栽培のために最初に耕作されたと記録しました。
ありがとうロデリック!

農場と、世界中からここに旅行してオーガニックを楽しむ親切なウーフ(農業体験と交流のNGOである。1971年にロンドンで設立され、その後多くの国に広まる。また、ウーフにおいて手伝いをする側の人々はウーファーと呼ばれる。)の世話をします。

最初のビール瓶を醸造して以来、125エーカーを購入し、有機農場に変えました。
私たちのおいしいビールを作るために有機大麦を栽培しています。必要な量が足りないので、他の地元の有機農場から大麦を購入し、常に有機栽培を行っています。

彼らの畑で楽しそうに放牧されている、10年前にカローデン戦場跡から来た200頭の黒いヘブリディーズ羊がゆっくり歩いています。
隣の畑には、紅茶とコーヒーに牛乳を供給する美しいジャージー牛もいます。
マッシュタンから家畜、雌鶏、馬に使用済み穀物を供給することにより、持続可能なサイクルを完成させます。

農場では、庭でハーブ、果物、野菜を栽培し、ビールやインバーネスのバーに取り入れています。

ブラック・アイル・ブルワリーでは、自然と有機的なプロセスへの愛と現代のクラフト・ビールの世界の創造性を組み合わせています。

このビールは

焙煎した麦芽、低木の果実、エスプレッソ、甘草。
これは魂のこもったビールです。
シャンパンと同じように、瓶内で二次発酵させています。
このビールは、麦芽、水、ホップ、酵母の4つの純粋なオーガニック原料から作られています。
ビタミンBが豊富で体にも良いです。

テイスティング

漆黒。
苦味、僅かな酸を想起させるコーヒーの香り。
甘い香りも少しずつしてくる。
ふくよかな甘口コーヒーの味わい。
アルコールの強さ。
余韻は長すぎず、アルコール感とコーヒーの濃い味わいの割にはすっきりとしている。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!