ビール ブリューヨーク/エクストラ ブラウニー パインツ

同社のブラウニー パインツを更にアルコールやピーナッツなどをマシマシ仕上げたビール。

甘いだけなのかと思ったら、酸味が結構あり早い段階で飽きが来てしまう味わいでした。

ビアデータ

ビール名:EXTRA BROWNIE PINTS
生産地:イギリス ヨーク
生産者:BREW YOKE
アルコール:11%
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:
ホップ:CTZ
タイプ:スタウト
価格:1,300円
インポーター:ウィスク・イー

ブリュワリー

ブリューヨークは、ビールと醸造への2人の友人の情熱(執着と言う人もいます)から生まれました。
ブリューヨークを開業することは、経験と場所がビールそのものと同じくらい楽しいヨークの中心に醸造所を建設するという長年の夢の実現でした。

醸造所は、20hLの醸造所と、260hLを超える発酵およびコンディショニング能力で構成されています。
これにより、コアレンジを生産する能力と、本当に彼らをワクワクさせる、より「シーズナル」…季節の単発ビールを生産する柔軟性を与えます。
ビールはカスク、ケグ、缶で生産され、英国中で販売されています。
醸造所は、駅から徒歩15分のヨークの歴史的な城壁内にあります。
リバーサイドのビアガーデンを備えた非常にユニークなタップルームが醸造所のすぐそばに建設され、新鮮なビールを提供しています。

それはすべてビールから始まりました…恐らくいくつかのビールからです!
友人の男だけのパーティーで会ったことで、ウェイン&リーは多くの共通点があり、ビールの健全な味が共通点のリストの一番上にありました。
数年後、同じ友人のBBQで、「オール・グラム法」を使用して生産されたウェインの自家製ビールの品質は、20歳のリーの趣味を生き返らせ、友情が形成されました。
彼らはあらゆる機会に一緒に醸造を開始しました。
いくつかの自作のコンテストと友人の結婚式での醸造家デビューは、彼らに正当な自信を与えました。
結局「自分たちの醸造所を建てたらどうだろう?」という定期的に発生するパブでの会話は、ビール醸造所の設立により、単なる酔っぱらいの夢ではなくなりました。

2015年7月に、ウォルムゲートのすぐそばにある大きな倉庫を醸造所に改造するための計画許可を取得するための長い旅が始まりました。
信じられないかもしれませんが、ヨークシティの壁にある2番目の醸造所だけです。
数か月後の2016年3月に、最初のビールが敷地内で醸造されました。
これは、いくつかの賞を受賞した「バイキングDNA」です。
このビールは、ジョルヴィック・バイキングセンターが最初に建設された場所にある醸造所近くの遺物に賛同するものでした。
最初のビールを醸造してから最初の12か月は、旋風のようでした。
発酵能力は60hLから260hLに4倍になり、生産はカスクと瓶からカスク、ケグ、缶に移行しました。
いくつかの成功したイベントが醸造所で開催され、いくつかのビール賞を受賞しました。

このビールは

貴方はオリジナルのブラウニー パインツを愛していたが、もっと大きなボディと力強さを求めていたとしても、我々は誰も反論はできません。
醸造長はブラウニー パインツに退廃的なピーナッツ、ヘーゼルナッツ、キャラメル、チョコレートを加えたブラウニー・ミルク・スタウトを飲むことができます。
醸造長のように、エクストラ ブラウニー パインツを獲得しましょう。

テイスティング

漆黒に近いブラウン。
甘いナッツ、コーヒー、チョコの香り。
味わいも甘く、次に酸がきてアルコールでフィニッシュを決める。
余韻に酸が結構残る。
早めに飲み疲れてしまう味わい。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!