ビール リヴィジョン/ラガー

最終更新日

リビジョンが作ったさっぱりで何の変哲もないラガー。

物珍しくて買いましたが、473mLを700円出して買うよりも普通に日本のラガー500mLを300円未満で購入した方が良いと思います。

ビアデータ

ビール名:LAGER
生産地:アメリカ ネバダ州
生産者:REVISION
アルコール:5%
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:
ホップ:
タイプ:ラガー
価格:700円
インポーター:ナガノトレーディング

ブリュワリー

リヴィジョン・ブリューイング・カンパニーは、ニー・ディープ・ブリューイング・カンパニーの創設者で元醸造長であるジェレミー・ウォーレンが、創造性と卓越したクラフトビールの新たな道を追求することを選択したときに結成されました。
2009年ジェレミーは自家製のキットを使い、ネバダ州リノの彼のガレージでビールを醸造し始めました。
数回のビール競技参加の後、彼はニー・ディープ・ブリューイング・カンパニーという名前で自作醸造に参入し始めました。

2010年ジェレミー・ウォーレンはプロの醸造としてキャリアを追求することを決心し、商業レベルに彼を引き上げる事を手伝うことができる投資家と提携しました。
彼らは一緒にニー・ディープ・ブリューイング・カンパニーをカリフォルニア州リンカーンに移し、そこでジェレミーは古いビアマンズ・ブリュワリーからビールを醸造し始めました。

彼は素晴らしかった…本当に素晴らしかった。
ビール・ファンは、ビストロ第12回ダブルIPAフェスティバルで大人気ビールの「プリニー・ジ・エルダー」よりも高評価だった彼を「プリニー・キラー」と見なしました。
注がれたときにバーの向こう側からも香るロシアン・リヴァーのプリニー・ジ・エルダーは、彼の質の高いIPAをさらに上質のIPAにするときにジェレミーに影響を与えたビールでした。
それゆえ、これは彼が受けることができる最もいいニックネームであると想像することができます。
醸造所はすぐにリンカーンの広さでは足りなくなり、カリフォルニア州オーバーンのより大きな施設に拡大しなければなりませんでした。

ジェレミーは、ニー・ディープのガレージでのスタートアップから国内生産施設までの成長を果たしましたが、彼が最初にニー・ディープ・ブリューイング・カンパニーを設立したときに醸造しようとした多様なビール・ポートフォリオを追求することができませんでした。
2015年7月、ジェレミーはニー・ディープ・ブリューイングとは別の方法でリヴィジョン・ブリューイング・カンパニーを設立し、そこで独自のビジョンを実行することを決定しました。
改訂ビール醸造所およびタップルームは2017年3月23日に正式にオープンしました。

このビールは

伝統への畏敬の念と、さわやかなビールを飲みたいという願望から生まれたラガー。
ドイツのモルト、ホップ、イースト、そして忍耐力は、誰もがいつでも楽しめる飲みやすいラガーを作ります。

テイスティング

薄い黄金色。
水飴みたいなほのかに甘いホップの香り。
モルトの甘味。
苦味はない。
リビジョンでラガーを飲む意義があるかと言われれば別にないですね。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!