ビール アサヒビール株式会社/クリアアサヒ 冬の旨口 (2020年11月4日~)

季節ごとに出してくるクリアアサヒの冬限定バージョン。

鍋などに合わせやすいとの事ですが、確かに雑味が無くクリアな味わいで食事を邪魔することが無さそう。

ビアデータ

ビール名:CLEAR ASAHI FUYU NO UMAKUCHI
生産地:日本
生産者:ASAHI BREWERY
アルコール:6%
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:
ホップ:
タイプ:
価格:123円(350mL)
インポーター:

ブリュワリー

1949年大日本麦酒株式会社の分割により設立。分割後は主に西日本で展開し、1954年から1960年まで日本のビール市場占有率で2位を維持していたが、1961年に3位になって以降シェア低下傾向が続き、1980年代前半から中盤は4位寸前の低迷期に陥った。
しかし、外部出身の社長主導による社内改革の進展や、現在も主力商品となっている「アサヒスーパードライ」の発売以降、驚異的に経営状態を回復して1988年には2位となり、1998年にはビール単独、2001年にはビール類(ビールと発泡酒の合計)市場におけるシェアで1位となった。

2000年代からウイスキーやブランデーなどの洋酒事業や焼酎などの分野にも子会社を通じて本格参入した。

2011年7月1日、持株会社移行に伴い「(旧)アサヒビール株式会社」は「アサヒグループホールディングス株式会社」に商号を変更した。
同日、会社分割により現在の法人である「(新)アサヒビール株式会社」(2010年8月10日に「(旧)アサヒグループホールディングス」として設立)に現業全般の移譲がなされた。
アサヒビールが、日本の大手ビールメーカー4社の内、最後に持株会社に移行した。

このビールは

やや濃いめでまろやかな味わいと華やかな香りが特長の冬限定の新ジャンルです。
原麦汁エキス濃度を高め、発酵度をやや低くすることで、コクのあるまろやかな味わいを実現しました。
“鍋料理”などの冬の味覚とともにお楽しみいただけます。

パッケージは、「クリアアサヒ」ブランドのデザインをベースに、冬らしさを感じさせるイルミネーションをイメージしたデザインと缶体上部の「冬限定」のアイコンで、冬限定商品であることを訴求しています。「冬の旨口」という商品名とともに、缶体中央に「原酒仕立て」という文言を記載することで、貯酒タンクの原酒のような“コク”と“旨み”を目指して造った味わいであることを表現しています。

テイスティング

濃い黄金色。
モルティーな香り。
リキュール感はない。
味わいはかなりさっぱりだが、この手の発泡酒の中では雑味が感じられず飲みやすい。
発泡酒の中では好きな部類。
余韻に少し雑味はあるが、これはマシな方で秀逸。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!