ビール ブラック・アイル/ゴールデンアイ・ペールエール

最終更新日

特徴的なラベル派スコットランドの国花「アザミ」をデザインしているブラック・アイル

WWOOF(ウーフ)という有機農場で働きたい人々を受け入れたりと、オーガニックな作りを心がけている醸造所。
ゴールデン・アイはしっかりとした苦味がある美味しいビール。

ビアデータ

ビール名:GOLDEN EYE PALE ALE
生産地:イギリス スコットランド
生産者:BLACK ISLE
アルコール:5.6%
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:ラガー、クリスタル、カラモルト
ホップ:
タイプ:ウエスト・コースト・ペール・エール
価格:450円
インポーター:株式会社キムラ

ブリュワリー

ブラック・アイルは1998年にデビッド・グラッドウィンによって設立されました。
企業人ではないビール愛好家である彼は、破壊的な化学薬品を使用せずに、有機農場で栽培された大麦とホップを使用して世界クラスのビールを作ることに着手しました。

今日では、ボトル、キャスク、樽に詰められた1日あたり最大10,000リットルを醸造できます。
スコットランド、イギリス、そしてノルウェーから日本まで世界中にビールを発送しています。

ここアランレンジにある彼らのホームは、ゲール語で「肥沃なトウモロコシ畑」と言い換えられています。
1790年にこの農場でロデリック・マッケンジー卿がこの土地は「醸造者と蒸留器にとって優れた品質」であったため、大麦の栽培のために最初に耕作されたと記録しました。
ありがとうロデリック!

農場と、世界中からここに旅行してオーガニックを楽しむ親切なウーフ(農業体験と交流のNGOである。1971年にロンドンで設立され、その後多くの国に広まる。また、ウーフにおいて手伝いをする側の人々はウーファーと呼ばれる。)の世話をします。

最初のビール瓶を醸造して以来、125エーカーを購入し、有機農場に変えました。
私たちのおいしいビールを作るために有機大麦を栽培しています。必要な量が足りないので、他の地元の有機農場から大麦を購入し、常に有機栽培を行っています。

彼らの畑で楽しそうに放牧されている、10年前にカローデン戦場跡から来た200頭の黒いヘブリディーズ羊がゆっくり歩いています。
隣の畑には、紅茶とコーヒーに牛乳を供給する美しいジャージー牛もいます。
マッシュタンから家畜、雌鶏、馬に使用済み穀物を供給することにより、持続可能なサイクルを完成させます。

農場では、庭でハーブ、果物、野菜を栽培し、ビールやインバーネスのバーに取り入れています。

ブラック・アイル・ブルワリーでは、自然と有機的なプロセスへの愛と現代のクラフト・ビールの世界の創造性を組み合わせています。

このビールは

ゴールデンアイは真のウエスト・コースト・ペール・エールで、ラガー、クリスタル、カラモルトを使用して5種類のホップをホップし、アロマティックな柑橘系のフレーバーとほろ苦いフィニッシュを与えています。
このコア・ラインをお気に入りにしたのは、1995年のジェームズボンド映画ではなく、1970年以来スコットランド高地に巣を作っている美しい鳥にちなんで付けました。

テイスティング

名前の割にアンバー系の色。
わずかに松ヤニ?
アルコール感のある甘い香り。
が、5.6%か…相変わらず当てにならない鼻。
味わいは松ヤニが少しと苦味は結構強い。
余韻も長い。
炭酸強い。
後半青いホップの香り。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!