ビール 箕面ビール(A.J.I. ビア)/ブギヴギ・シェイクIPA (季節限定)

最終更新日

国際女性デーに向けて作られたブギヴギ・シェイクIPA

毎年全世界で多くのブリュワリーが参加しており、日本では8ブルワーの参加。
世界中の参加ビールを飲んでみたい…

ビアデータ

ビール名:BOOGIE WOOGIE SHAKE IPA
生産地:日本 大阪府箕面市
生産者:A.J.I. BEER Inc.
アルコール:5%
IBU(苦さ 平均15~20):38
モルト:
ホップ:ピンクブーツブレンド、シトラ、シムコー、エクアノット
タイプ:グレープ・エール
価格:420円

ブリュワリー

箕面ビールは、箕面の地で生まれたローカルビール。
それは“特別なビール”ではなく、 デイリーなビール。
今の製造方法の形が絶対ではありません。
「目で見て香りを確かめ、自分たちの舌で確認する。」それは私たちが毎日行うすべての作業の中で最も重要な事です。
そしてそれを共有し、さらに自分たちの知識と経験を積んでいく。
「ビールを醸して、人を醸す」ために。ビールを造る作業は決して楽ではありませんが、美味しいビールが出来た時、そのビールをお客様が美味しいと言ってもらえた時、その一瞬に出会う為に今も毎日、試行錯誤を繰り返しています。
原材料も農作物。
それは当たり前で毎年出来るものは違います。
それに合わせてもちろんレシピは変えます。
ただ、クラフトだからこそ、そういう違いも楽しめたらと思っています。
また私たちは季節感も大事にしたいと思っています。
夏には「桃」を。冬には「柚子」を。農家さんと収穫から一緒にお手伝いしながら、私たちもその年その年を楽しんでいます。
ぜひ、そんな季節感も一緒に皆様にも楽しんでいただきたいと思っています。
ビールは造りだけがすべてではありません。
タンクの洗浄から設備の清掃・管理。
瓶詰、樽詰め、発送業務から事務に至るまで、ビールに携わっている以上はスタッフ全員がチームです。
その中でもサービングはビールのそれぞれの特徴をさらに引き出してくれるポジションです。
箕面ビールはろ過、熱処理を行っていません。
樽のビールももちろん同様。
樽の中ではビール酵母がゆっくり眠っています。
酵母もビールに大事なフレーバーの要素の一つ。
ビールを美味しく注ぐにはガス圧や注ぐスピードも大事です。
ビールスタイルに合わせて美味しい1杯をお届けします。
箕面は滝と紅葉、ちょっとやんちゃなおさるが名所の緑豊かな土地です。
ビールが造られたあとの麦芽粕は地元の農家さんに牛や鶏の飼料として全量引き取っていただいています。
またその鶏から生まれた卵はWAREHOUSEでお買い求めいただけます。

また毎年開催してます「創業感謝祭」は地元の自治会の方々と共催のお祭りです。
箕面だから出来ること、まだまだ沢山増やしていきたいと思っています。
箕面ビールのスタッフはもともとビール経験がないスタッフばかりです。
ただビールを愛してやまない熱いスタッフたちです。
同じ意識を持った仲間だからこそ、出来るビール。それが「箕面ビール」です。
私たちにはまだまだ造りたいビールが沢山あります。
社是でもある
「・まじめに丁寧に誠実に、そして楽しむ」
「・味に究極はなく、味とともに歩む」
「・世界は意外と近くにある」
をモットーに箕面で私たちが造るビールを一緒に楽しんでいただけたら幸いです。

このビールは

毎年3月8日は「国際女性デー」。
同日、クラフトビール業界でも世界の各地で女性ブルワーが「Pink Boots Collaboration Brew」を醸造するイベントが行われています。
5回目となる今年、Watering Holeのオーナー、美千子さんの呼びかけで日本では8ブルワリーが参加し、箕面ビールも初参加させてもらいました。

今回の企画は、 Pink Boots Brew の為に開発されたオリジナルブレンドホップ「Pink Boots Blend Hop」を使用し、同じスタイル「ミルクシェイクIPA」を
仕込むというルールの元、8ブルワリーが同時期に仕込みました。
共通のビアスタイル、共通のホップではありますが、ブルワリーごとにアレンジがあり、フルーツや副原料の工夫がプラスされたりモルトの選定はブルワリーのよって様々。
皆とのレシピの相談や情報交換がとても面白く、今回も学ぶことが多いコラボでした。
そして、箕面ビールは季節柄も考慮して、少し軽めのアルコール設定で貴重なブレンドホップを惜しみなく使ったミルクシェイクIPAにチャレンジ。

本来はもっと早くにリリースする予定で準備してましたが、コロナの影響で樽だけでなく、ボトルの需要も考えこの時期となってしまいましたが、少しづつ自粛も緩和されてきた今これまでの辛抱から少し解放されて
ちょっとBoogie Woogie気分になってもいいんじゃないかと。
完全終息とはいかなくても、夏に向けてウキウキする気持ちをネーミングにしました。
ぜひ、お楽しみいただけたら幸いです。

テイスティング

ミルクセーキ色。
やや青いホップの香り。
控えめなグレープフルーツ香。
やや粘性あり。
苦味は結構強く、少し酸を感じる?
が、感じている酸は炭酸由来かも。
余韻長い。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!