ビール バルティカ/No.3 (1992年~)

最終更新日

やまや系列でよく見かけるバルティカ

薄めのロシアビールはお土産などで色々と飲ませていただきましたが、これは日本で買いましたが同じく薄めの味わい。
意外に寒い国でもこういうビールが多いものなのか。

ビアデータ

ビール名:No.3
生産地:ロシア サンクトペテルブルグ
生産者:Baltika Brewery(Балтика)
アルコール:4.8%
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:
ホップ:
タイプ:ラガー
価格:350円
インポーター:池光エンタープライズ

ブリュワリー

約7,500人の従業員を抱えるバルティカはロシア最大の企業の1つ、ビール業界のマーケットリーダーであり市場シェアは35%で、バルティカ製品は世界75カ国以上に輸出されています。
彼らは醸造所を動的に購入し、新しいものをゼロから構築し、積極的に販売部門のネットワークを拡大しています。

1978年設立開始。
施設建設は、ギプロピスシェプロム2インスティテュートが醸造・非アルコール産業のレニングラード生産協会の醸造所の1つとして作成した設計に基づいて開始されました。
1990年に建設が完了したとき、新しい国営の醸造所はバルティカ・ブリュワリーと命名されました。
最初の27,000Lのビールは、1990年11月に作成され、この時点でブランド名はまだ作成されていませんでした。
ビールは、よく知られているジグルフスコエ、リズスコエ、アドミラルテイスコエ、プラズドニクノエのブランドで生産されました。

1992年醸造所は再編成を受け、バルティカは合弁事業の一部となりました。
28の法人と2,000人以上の個人が株主になり、スウェーデンのプリップス、ノルウェーの醸造業者リングネス、ハールウォール・グループオブ・フィンランドからなるバルチック・ビバレッジ・ホールディングAB(BBH)はバルティカに投資し、最大の株主となりました。

1992年にバルティカは古典的な技術を使用して最高のヨーロッパ品質のビールを生産するという目的でビールを作成し続けいていました。
これは、植物の再建と開発を意味し、バルティカをロシアの最初の醸造所に変え、最高のハイテクなヨーロッパ的設備を備えています。

1996年は重要な年で、バルティカは市場で最も人気のあるビールになり、ビール醸造所はそれ以来市場で第1位のビールメーカーとしての地位を維持しています
1997年ロストフ・オン・ドンのドンスコヤ・ピヴォ工場の支配権を取得し、1999年10月にはツラ・ブリュワリーが傘下に加わりました。

2003年サマラとハバロフスキーの醸造所が設立されました。

2003-2006年ロシアの醸造所であるヴェナ、ピルカ、ヤルピヴォとの合併。
ドンスコヤ・ピヴォとツラ・ブリュワリーへの投資が行われた時点で、新しい工場の能力を増強するための投資が行われました。
一方、すべての生産拠点の機器のアップグレードを行い、その結果1999年にサンクトペテルブルグのバルティカ醸造所で自動完成品倉庫が完成しました。
倉庫自体は、高度な自動化システムとトラックや鉄道輸送に商品を搬出する能力があるユニークな構造です。

2006年新たに合併した4つの醸造所は、バルティカ・ブリュワリーズという名前を付けました。
4醸造所の合併は、その特異性、複雑さ、および2つの日付の観点から、ロシア固有のプロジェクトでした。
合併の手続はイタリアの法律に従って行われました。
4醸造所の株主、経営陣および従業員、ならびにオープンな情報政策により、このプロジェクトは最高の国際的企業慣行に従って実施されました。

2007年以降、4醸造所の各企業がバルティカの醸造所であるOJSC(合弁会社)として存在しています。
2009年には、サンクトペテルブルク(旧ヴェナ醸造所)に、その地域の余剰生産能力のために1つの生産拠点がありました。

2008年4月バルティカはカールスバーグ・グループの一部となり、それはカールスバーグがスコット&ニューキャッスル(S&N)の資産を買収した後に可能になりました。
カールスバーグはバルチカの主要株主であるBBHとフランス、ギリシャ、中国、ベトナムのS&Nの資産でS&Nシェアを獲得しました。
この段階で、カールスバーグ・グループはバルティカ株式の85%を保有し、15%の株式は少数株主の手元に残りました。

2012年11月、カールスバーグ・グループは少数株主の株式を買い取り、バルティカのOJSC株式の100%を保有しました。
2013年にコーポレート・ガバナンスをより便利にするために、法的形式をOJSC(合弁会社)からLLC(合同会社)に変更することが決定されました。
このステップは、所有者の一人であるカールスバーググループが100%会社株式を連結した後に可能になりました。
LLCへの再編成は2014年1月に終了しました。

このビールは

バルティカ3クラシックビールは1992年に最初に発売され、その高品質により90年代半ばからロシアの消費者の間で伝統的に最も人気のあるビールとなっています。

2004年はバルティカ3の「新生」を目撃しました。
ガラス瓶は新しい形とラベルを受け取り、ブランド初の缶での発売が開始されました。
2006年5月バルティカ3は革新的なパッケージで生産されました。
プレミアム1Lペットボトル・パッケージは、ハーフ・リットルのガラス瓶とほぼ同じに見えます。
2007年バルティカ3ボトルにはエンボス加工のレタリングが付けられました。
同時に、このブランドは、市場で新しい1Lのアルミ缶で生産されました。
2008年4月バルティカ3向け、特にロシアサッカー選手権向けに、「フットボール」デザインの1.5Lペットボトルが製造されました。
ペットボトル素材は高い保護特性を持ち、最も人気のあるロシアのビールを長期間新鮮に保ちます。

需要が高いため、この人気ブランドの生産は成長を続けています。
2008年の結果では、販売量は+7.5%でした。
これにより、ブランドは中価格帯の特定のリーダーであり続けることができます。
バルティカ社の最高の流通レベルは、バルティカ3を全国内中のバイヤーが利用できるようにしています。

現在このクラシック・ビールは、ドイツ、日本、イギリス、アラブ首長国連邦、ギリシャ、フランス、アイルランドを含む世界40か国以上に輸出されています。

バルティカ3クラシックは10年間で、消費財分野で権威あるロシアの「年間最優秀商品」賞を受賞しています。
この賞は、さまざまな小売店で入手可能な最も人気のある大量消費製品に授与されます。賞が設立されて以来、バルチカ#3クラシックは「ビール」カテゴリーの無条件のリーダーです。

このビールブランドは、ロシア最大のビール・フェスティバルであるモスクワ・ビール・フェスティバルでの試飲の結果、毎年「最も多くの人が選ぶブランド」と宣言されています。
2008年バルティカ3は、国際テイスト&クオリティ研究所によって設立されたブリュッセルで開催されたスーペリオール・テイスト・アワード・コンテストで銀メダルを獲得しました。
バルティカ3は、国際および国内コンテストで合計30以上の賞を受賞しています。

バルティカ3は、ウクライナ、カザフスタン、ウズベキスタン、アゼルバイジャンでライセンス生産されています。

テイスティング

ロシアワインは相変わらずのハーブ系の不思議な香り。
粉っぽい香り。
ハーブ系の第3のビールっぽい味わい。
美味しいかと言われると美味しいわけではない。

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!